ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ちょっとした物を仮置きするのに最適】立ったままルアー交換ができる超画期的なアイテム!第一精工「タックルステーション」

ルアー交換を素早く行いたい。

ルアーマンなら誰もが思うことではないでしょうか? そのため、タックルボックスやバッグの中身を整理したり、ジャンル別にルアーやフックを収納したりしますよね。

ただ、それだけが決してスピードを速める方法ではなくて、使用頻度の多いルアーや、毎回使うハサミやプライヤーなどを、取り出しやすい位置にスタンバイしておく。コレも交換時間を短縮する1つの手段ではないでしょうか?

さて! 今回は、ルアー交換や小物類を仮置きするのに最適な便利アイテムを紹介。

 

タックルステーション【第一精工】

「タックルキャリアーMS」や「EVAロッドラック33S」に対応、ルアーや小物類を仮置きして、ルアーローテーションをスムーズにしてくれる「タックルステーション」を紹介!

トレイサイズ(外寸) 高さ(最大) 仕舞寸法 総重量 税込価格
252x167x30mm 780mm 340mm(3本継) 433g ¥3,080

第一精工公式「タックルステーション」詳細ページはこちら

 

差し込むだけでOK! サイズに応じてスペーサーでシッカリ固定

使い方は超簡単で、「タックルキャリアーMS」や「EVAロッドラック33S」に差し込めばOK! 丁度トレイが腰の位置にキープできるのでルアー交換が超スムーズになります。

「EVAロッドラック33S」に装着する際は付属のスペーサー小を2ヶ使用、タックルキャリアー31φのロッドスタンド(両サイド)には、スペーサー小を2ヶ使用、45φのロッドスタンド(中央)には、スペーサー大を2ヶ使用します。

また、使わない時は以下の図のように、コンパクトに折りたたんで収納することが可能です。

使用例はこんな感じ!

 

トレイサイドにもコダワリが

トレイサイドにはプライヤーや「ワニグリップ」、「ガーグリップ」のホルスターがセット可能、トレイのU字溝にはライトゲームロッドを立て掛けることもできます。

ルアー交換や小物類を仮置きする際には重宝する「タックルステーション」。気になる方はぜひ、参考にしてみてくださいね!

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。