ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

困った時に色々釣れるメジャークラフトの小さなメタルジグ「ジグパラ・マイクロ」

アジング特集

アジングのリグはジグヘッド単体、フロートやキャロなどの多点系リグ、そしてメタルジグなど多彩。

それだけ多くのリグがあるのは愛される釣りであるとともに、状況によってリグを変えた方がイイことが多いからでもあります。

で、実際に「アジを釣りに行くぞ」となった時、昨今はなかなかアジに巡り合えない状況も多かったりするのが現実ではないでしょうか?

そんな時に役立つのがメタルジグ。ワームを使った釣りよりもスピードのあるアプローチができてリアクションを狙いやすいのが魅力。裏を返せばスローダウンできるのはジグ単やフロートなどの利点でもあります。

また、メタルジグは日中にリアクションバイトを結構狙いやすいんですよね。リフト&フォールで狙ったり、タダ巻きで追わせて食わせる、みたいな。それがアジだけではなく、アジが渋い時でも何かしらの魚が反応しやすかったりします。

アジングに行ってアジがダメでもメタルジグは保険になることが多い。また、日中においては安全安心な反面、アジがナイトゲームに比べて釣りづらいことも多い中で、魚釣りを楽しませてくれることが多いのがメタルジグ。

ジグパラ・マイクロ

そんなわけで、アジをはじめ、色々な魚種を安定して狙える小型メタルジグ、メジャークラフトの「ジグパラマイクロ」をご紹介。

ご存知、ジグパラシリーズはメジャークラフトを代表するメタルジグ。その小型版がジグパラマイクロで、オーソドックスで穴がなく、非常に使いやすいメタルジグ。

タダ巻きでは、適度にボディを揺らすようなアクションをし、それが派手すぎない感じ。フリフリ~…と泳ぐスピードで巻けば低活性の魚も結構バイトしてくれちゃうのが優秀。

また、フォールでは水平姿勢でヒラヒラと落ちていくのですが、こちらは根魚などにもかなり効果的。

タダ巻きを適度に繰り返し、テンションフォールでヒラヒラ落としていったりするとさまざまな魚が反応しやすい。

特別なアクションも必要ないので、メタルジグ入門にもとても使いやすい!

関連動画もチェック

またウエイトラインナップやカラーも充実。

ウエイトは軽いところで1.5gから、ちょっとした回遊青物まで対応する15gまであり。ウエイトによって標準搭載されているフックセットが使い勝手のよいものに調整されているのもグッド。

サイズ 1.5g / 3g / 5g / 7g / 10g / 15g
カラー 1.5g:8色 3〜10g:16色 15g:15色
オープン価格

パッケージからあけてそのまま使って悩まなくてよいですし、慣れてきたらフックなどを別途調整するのもイイでしょう。

またカラーはテッパンカラーから、メジャークラフトのお家芸、リアルな魚を模した「ライブベイト」カラーも。

ケイムラやグロー、ゼブラ系に、ライブベイトと状況に応じてセレクトしやすいのがウレしいところ。

ライブベイトカラーは1.5gを除くウエイトに

#80ライブ イワシ(ケイムラ)

#81ライブ 金イワシ(ケイムラ)

#82ライブ アジ(ケイムラ)

#83ライブ 金アジ(ケイムラ)

#84ライブ サバ(ケイムラ)

#85ライブ 金サバ(ケイムラ)

#86 ライブ キビナゴ(ケイムラ)

#87 ライブ 腹グローキビナゴ

 

まずは投げてみる。巻いてみる。ちょっとロッドでアクションしてみる。そんな使いやすさが魅力のエントリーからベテランまで投入したいメタルジグとなっています!

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。