ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

クランクベイトのように巻けるチャター系ベイト!ノリーズの「フラチャット18g-BH」に新色追加!

ノリーズから展開されているチャター系ベイトが「フラチャット」に新色が追加されます。

追加されるモデルは「フラチャット18g」のワカサギカラー。

このフラチャットは7g・10g・14g・18gの4種類展開となっており、18gにはビッグトレーラーに対応した#3/0のビッグフックを採用されています。

※今回の出荷分より、製品名が「フラチャット18g」から「フラチャット18g-BH」へ変更となります。

今回は「フラチャット」の18g-BHにスポットを当ててご紹介していきます!

フラチャットの紹介記事はこちら

ストラクチャー回避能力・レンジコントロール・対カバーにも優れたチャター系ベイト!ノリーズの「フラチャット」

 

チャター系の中ではヘビーウエイトの18g!

フラチャットの中でも最も重いのがこの18g-BH。

従来のチャターベイトと比較しても18gというウエイトは非常に重く、さらにトレーラーがプラスされるためさらに増すことになります。

18gが必要な理由…それはスピード!

フラチャットの中でも18gは後に追加されたサイズでしたが、なぜこのウエイトが必要になるのか?

その主な理由はスピードです!

近年、デカバスを獲るうえでカギとなるのが、スピード(=リアクション)といわれています。

素早い速度で巻くことでバスをリアクションバイトというもので、このフラチャット18g-BHでも同様、素早く巻いて誘うことが可能。

ポイントとなるのが、フラチャットのヘッドパーツ。

クランクベイトのリップ形状のようなヘッドバランスはルアーを浮き上がらせることなく、理想とする水平スイミング姿勢をしっかり保つ効果があります。

これによってエビ藻やウィードなどタテのストラクチャーに対しても、するする~っとかわして巻いてくることができるようになります。

ブレードヒッター&ヒラ打ちヘッド

ステンレス同士の接触による高い金属音を生み出すブレードヒッターも注目!

ヒラ打ちのためにノーズを下げたヘッド形状により対カバー性を大幅に向上させるなど、従来のチャターベイトが攻められなかったエリアもカバーしています。

 

スピードを落とさないためにブレードも7g・10gと同型に!

ほかにも、ブレードをあえて7g・10gと同様の大きさに設定し、抵抗を抑えることでスピードをキープしています。

ビッグトレーラーをセッティングしても、早巻きで浮き上がりすぎない設計となっています。

フラチャット18g-BHのスペックはこちら

HC03 グリパンバーサタイル

HC04 チャート鮎

NEW HC05 ワカサギ

HC08 マディクレイジーブラック

HC10 タフタイムオレンジインパクト

HC11 ホワイトクリスタル

HC14 ボーンギル

HC15 ライブワカサギ

HC17 アメザリレッドベリー

HC18 ホワイトチャートクリスタル

HC19 ブラックブルーパープル

HC20 ライブギル

HC21 スモーキーシャッド

HC22 ブライトチャート

HC23 ライブアユ

HC24 ライブゴールドアユ

ノリーズ公式フラチャット詳細ページはこちら

ノリーズ(NORIES)

日米のトーナメントで活躍を続けていた田辺哲男が立ち上げたブランドで、ブランド名は田辺哲男の哲男(のりお)からとってノリーズと付けられた。現在はマルキューのウエルエフの人気ブランドの1つとしてバス、ソルト、トラウトという各ジャンルからこだわりのアイテムを多数輩出中。ノリーズのバス関連アイテムで特に人気なのはロッド「ロードランナー」シリーズで、年々ブラッシュアップされ、現在もロングランヒットを記録中。