ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【メガバスHASSYの淀川通信】秋はベイトがいるところがええやんかぁ~!

寄稿:HASSY

皆さんこんにちは。Megabassの淀川番長HASSYです。

蝉も鳴くことを終え、体感的にも涼しく秋を感じる季節になってきましたね。今回もこの記事読んで皆さんも益々「ええやんかぁ〜」な釣果と笑顔に繋がるように書いていきますので、ぜひ最後までお付き合い願います。

HASSY/はっしー(Hassy) プロフィール

「ええやんかぁ~」を合言葉に、釣りを通じて "全力で遊び、全力で楽しみ、全力でふざける” 関西在住のアングラー。 関西圏の水辺、ライブハウスに出没することが多く、バスをメインに海のライトゲームなどにも造詣が深い実力派としても知られる。

 

秋の荒食いは都市伝説か?春夏秋冬バスは食いまくっている

さて、そんなこれからの季節で、よく言われる「秋の荒喰い」。そんなもの存在するのか?

個人的には、否です。何故なら体感したことがないからです。確かに適水温になり広い範囲で沢山釣れる=荒喰いという感じで錯覚しがちですが、そうではなく、実際目に見えていないだけで春夏秋冬バスはエサを喰いまくっていると僕は思っています。

秋は広い範囲で水温が安定しているので、バスは動きやすく実際かなり動いています。もちろん居つきのバスもいますが、基本的には動いています。そんなバスを、どういった場所で釣っていくのか?です。

 

キーは「ベイト」

「ベイトがいる場所」

完全これです。ベイトがいる場所を探すのが効率的に良いです。目に見えるベイト(水面がピチャピチャしているなど)でOK。ボイルしていなくてもOKです。

 

ベイトがいる場所

とはいってもベイトも動きます。溜まりやすい場所、バスが捕食しやすい場所などのコースがあるわけです。

そこで、「流れのある場所の変化」を探してみましょう!流れている木や草を見てどう流れているかを目視すること。トップウォーターでそれを探りながら見るのも、巻物の巻き感で流れの変化を探るなどしてみましょう!

 

ベイトがいて且つ変化あるところを探りながら釣りをすることで釣果に繋がります。

淀川では、小さな個体を除き同じポイントで連発するなんてことは普段珍しいですが、溜まる場所には、動き回るバスが入れ替わり立ち替わり入ってくることも少なくなく。この時期は続けて釣れることもありますので、その様な場所を探してみてください!

 

使用するルアー

さて次にこの時期おすすめのルアーのご紹介です。

特に絶好調な釣果を生み出しているのは…ボトルシュリンプ3インチ」のフリーリグ

これまで4インチサイズのボトルシュリンプを使用することは多くありましたが、これからのサイズを絞りにくい時期にバイトをより多く獲るには、ひと口で簡単に捕食しやすいサイズ感の3インチがオススメです。

3インチは水受けも少なく、流れの中でも小さいながらのパワーアームが揺めきバイトを誘発させてくれます。

 

フリーリグのセッティングはこちら

フックは、ハードボトムなど根がかりが多い場所ではオフセット2番。地形変化のみやスタックし難い場所では1番でもOKです!シンカーは、5〜7gを使用し、ストッパー(ゴム管)を装着することで、ラインとフックの結び目にダメージを与え難くし且つ、ワームに遊びも生まれ良いアクションが出やすくなります。

 

濁りが入れば巻きモノの展開も…

また台風や大雨の影響で水位が上がり、濁った状況では、バスも気がつき難くタイトに着くことも多いので、丁寧に探ること、そしてビッグクランクなどで大きく水を動かしてデカい個体を引っ張ってくることも有効です。

 

使用しているタックル

フリーリグ

ロッド : Brand New DESTROYER F5-68X (BLADE)【Megabass】

リール:20メタニウムXG【SHIMANO】

ライン:フロロカーボン14lb

 

ビッグクランク

ロッド:Brand New DESTROYER F5-70X (MAD BULL)【Megabass】

リール:19アンタレスHG【SHIMANO】

ライン:フロロカーボン16lb

というわけで今回の淀川通信は以上となります。いつも最後までご覧いただきありがとうございます。引き続きラインやパッケージのゴミの忘れ物等ないようよろしくお願い致します。

以上ッ!HASSYでした。

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。