ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エクリプスよりロックフィッシュワーム第一弾登場!その名も「パンチングシュリンプ」

サーフゲームやシーバス用ルアーを展開しているエクリプス。

主にプラグ系が中心にラインナップされてきましたが、今回新たにロックフィッシュ用ワームが登場することが分かりました!

第一弾となるのはワームの名は「パンチングシュリンプ」

今回のパンチングシュリンプはシャコをイメージしたシュリンプ系ワーム!

注目のポイントはリボンテールがついたアームパーツ!

これは、実際テストも担当していたスタッフの大槻 辰也さんからの強い要望が活かされおり、リボンテールが採用された理由も長いテールは単純に釣れるからという非常に明快なもの。

というのも大槻さんが在住する宮城県はアイナメなどの根魚系を狙う釣りは非常に盛んなエリア。

しかし、近年では海釣り人口の増加や津波による海藻の減少などにより個体数が減ってしまい、以前のように居るとこに投げときゃ釣れるよ!なんて甘い考えが通用しなくなってきているとのこと。

また、生き残っている個体に関しても徐々に擦れてきており、強い動きなど並大抵のアクションでは食いついてこないというのが現状になっているそうです。

そこで見出されたのがリボンテール。

リボンテールのある程度の強過ぎない動きがスレた魚にも効くようで、強波動系のワームより反応を示す魚が数も多く、それでいて良型のサイズも上がるなどテストの段階で多くの実績を残しています。

強過ぎない動きと潮流ではためく程のレスポンスのよさ

このリボンテールは強過ぎない動きのほかに、潮流ではためくほどのレスポンスのよさがポイントに上げられます!

リフト&フォール中やステイ中も自発的に揺らめくためナチュラルに誘うことが可能!

つまり、早いアクションにもスローなアクションにも対応しているので、様々なシチュエーション・コンディションで活躍することができます。

アングラーにとってもどんな状況でも扱いやすく、魚のコンディションにアジャストさせやすい性能は重宝されることでしょう!

使い方はテキサスリグやリーダーレスダウンショット、フリーリグ、ジグヘッドなど様々!

使い方としては、ボディ自体はオーソドックスなロックフィッシュワームなので、テキサスリグやリーダーレスダウンショット、フリーリグ、ジグヘッドなど、どんなリグにも対応しています。

テンヤやタイラバのトレーラーとしても効果を発揮するとのこと。

ちなみに大槻さんがテスト中に釣れた魚は8種類!

アイナメ・ソイ・キジハタ・マハタ・タケノコメバル・ヒラメ・マゴチ・カンパチとロックフィッシュ以外でもフラットフィッシュ系、青物まで上がっています!

発売は年内を予定りているとのこと!

カラーやスペック等の詳細が判明しましたらこちらでも改めて追記していきます!

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。