ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【話題のNEWリグ】デコイの「スイッチヘッド」!その特長と使い所とは

デコイのスイッチヘッド。…と、フックがセットになったスイッチボム

ウェイトとフック(ワーム)が比較的フレキシブルに接続されることで、よりワーム本来のアクションを発揮することができるニュータイプのリグ。

中層スイミング系、特に「ミノスト」にちょうどいい!なんてよく聞くこのリグ、みなさんはどうやって使ってますか?

 

「スイッチシステム」

フックの可動域が広いことから、ワーム本来のアクションを発揮することができるこのリグ。もう1つの大きな特長が「スイッチシステム」

これ、カンタンに言うと脱着可能のアイを搭載していることによってシンカーの向きを変えられるということ。

 

デルタ形状のヘッドは向きを変えることで、スナッグレス性能の高いAモード、水の抵抗を受け移動距離が抑えられるBモードになる。つまり1つで2度おいしいという訳です。

出典:YouTubeチャンネル「DECOY / KATSUICHI CO.,LTD.」

モードの切り替え・フック交換方法はこちら

 

それぞれのモードの使い所

シンカーをセットする向きを変えることで、それぞれ特長的な使い方ができるとは上記の通り。気になるのはその使い所。

【Switch head】スイッチヘッドでの狙い方

出典:YouTubeチャンネル「DECOY / KATSUICHI CO.,LTD.」

どちらのモードもシンカーとフックがジョイント式になっているので、シンカーの着底後ワームがスローに倒れ込み、見切られるような状況下でも食わせのキッカケになるという。

 

Aモード(ノーマル)

立木やオダ、ブッシュやウィードエリアなど、引っかかりが多いエリアではAモード。三角形のヘッドはすり抜けが良いためスナッグレス効果が高く、そういったゴチャゴチャしたポイントでは、特に効果的とのこと。

 

Bモード(逆付け)

一方のBモード、シンカーを逆にセットすれば、ヘッドの平たい面によってボトムでのスタック感が向上。ボトムをネチネチと攻める際に良いそう。また引き抵抗もUPするので、ミノスト(シェイクしてリトリーブしてくる)など中層を攻める釣りにも良いとのこと。

 

スペックなどの詳細はこちらをチェック

【1つで2つの使い方ができるアイデア系アイテム】デコイ話題のNEWリグ「スイッチボム」/「スイッチヘッド」いよいよ登場

 

1つで2通りの使い方ができる「スイッチヘッド」。そしてフックがセットになっている「スイッチボム」。秋以降もまだまだ、使い所はたくさんありそうです。

 

デコイ / カツイチ(DECOY / KATSUICHI ) プロフィール

播州毛針の発祥地ともいえる兵庫県西脇市蒲江町を拠点とする老舗フックメーカー(大正9年3月創業、昭和59年1月5日設立)。総合ルアーブランド「DECOY(デコイ)」など数多くの人気ブランドを展開