ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

季節の変わり目は「ちょっとした変化がキー」に!イヨケン、バスを求めて全国津々浦々の日々

連載:伊豫部健「IYOKEN-BOMB(イヨケンボム)」

皆さん、こんにちは!

いやぁ~、今週もあちこちに走り回って、全国各地に飛び回って釣りをしてました。

地元は五三川を始め、西は九州の遠賀川や四国の長安口ダム、正木ダム、そして、やや戻り京都府、奈良県、三重県の間に位置する高山ダムにも行き、北は東北宮城県にあるフィッシングポンド神次郎さんと言うバスの管理釣り場にまでイベントで行ってました。ホント、相変わらずな釣り三昧な毎日。

夏から秋に変わる季節の変わり目と言う事もあり、やや難易度が増して厳しいのがどのフィールドにも言える状況で、撃ちモノに少し反応が悪く、巻物に反応が良かったり、またその逆もありきで…苦戦しっぱなしでした。

 

“ちょっとした変化”がポイント

全国的に言える事だったんですが、どこも水不足で水位が低い状況が多く、ちょっとした変化を攻める事で、凄く大きな釣果に繋がる感じでした。

遠賀川の様な川は、流れの当たるハードストラクチャーといったテトラ帯やゴロタ石にプラス水深が確保されたスポットに魚が溜まってて、パドロッターのフリーリグ3/16ozが圧倒的に効きました。

 

キーだったのはワームカラー

面白かったのが、水位が下がって水色はステインからマッディという状況で、ワームのカラーを淡いセレクトにする事がキーだったこと。

本来ならグリーンパンプキン系をベースに濁りが増してたら、スカッパノンやブラックブルーなど濃い目のカラーにシフトしていくのですが、それでは今の遠賀川はなかなかにバイトが無く、もしかして…と言う閃きから、よりナチュラルに同化させる作戦がハマってナイスフィッシュを連発してきました。

 

また各ダム関係では、まだやはり水通しが一つのキーで、やはり無視できないのはバックウォーターです。バックウォーターといえば、みんなが必ず攻めるハイプレッシャースポットではありますが必ずバスはいるので、それをどう食わすか?が課題でした。

最近では、来年発売の新製品でもある7inハーフのロングカーリーのフリーリグで流れの中でもユラユラと漂わせて誘える作戦と、HBバブゥによるスイムベイティング。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ken Iyobe(@ken_iyobe)がシェアした投稿

また、ハスキージャークワールドダイバーの様な、ディープダイビングミノーのただ巻きでタイミングを見て釣ってました!

 

厳しいながらも楽しいゲームができて満足。帰ってきたら各10FTUのフィールドスタッフ方とMTGしたりと、毎日バタバタしてました。

 

ソルトに注力!?今後の10FTUに乞うご期待!

また、今年からはソルトウォーターにも力を入れて、家から5分で伊勢湾と言う素晴らしいフィールドがある為、盛り上げていけたらと10FTUソルトプロスタッフに水野さんと我が弟の巧の2名とスポンサー契約をさせて頂きました。

 

伊勢湾でこの2名ほど釣果を出してくるアングラーはなかなかいないし、何よりも毎日出撃してる事が強い!

ソルトと言えば、北海道にもモニターの方々がいらっしゃるし、東北から北海道で最近はプリティシャッドパドロッターシリーズは人気沸騰中なんで開発にも力を入れていきたいなと。

今現在は、プリティーシャッド3.6inにしかソルトウォーターアイテムが無いため、今後は伊勢湾を中心に東北から北海道のロックフィッシュにも対応できるルアーをテスターの方々と一緒に発売していけたらと思います!

ではまた!

 

YouTubeチャンネル「IYOKEN Fishing / Ken Iyobe」も随時更新中!ぜひチェック!

出典:YouTubeチャンネル「IYOKEN Fishing / Ken Iyobe」

出典:YouTubeチャンネル「IYOKEN Fishing / Ken Iyobe」

出典:YouTubeチャンネル「IYOKEN Fishing / Ken Iyobe」