ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ルアーや小物類を仮置きできる】遊漁船に備わっているロッドホルダーへ簡単セッティング!第一精工「船べりBOX145」を紹介

ジギングやタイラバにボートエギングなど。

どのルアージャンルにおいても、ルアーローテーションの回数って多いですよね。そんな時、使用頻度の多いルアーを仮置きできるスペースがあれば便利だと思いませんか? 毎回ボックスから出し入れしていると、釣りの効率も下がってしまいます。

さて、今回はジャンル問わず、オフショアルアー全般で持っていると役に立つ、便利アイテムを紹介したいと思います!

 

船べりBOX145【第一精工】

今回紹介するのは第一精工の「船べりBOX145」。

こちらは遊漁船などに備わっているロッドホルダーに差し込むだけで、簡単に小物置きが作れるという画期的なアイテム!

ルアーローテーション時はモチロン、ポイント移動の際もコレにルアーを仮置きしておくことで、釣りをスムーズに再開することが可能! ガイドにラインが絡まるといったストレスも無くしてくれますよ。

Size 重量 税込価格
270x75mm 200g(3点セット) ¥2,420

第一精工公式「船べりBOX145」詳細ページはこちら

 

実際にロッドホルダーへセットするとこんな感じ!

 

たった2ステップで小物置きが完成

では、具体的な使い方を解説していきます。

まずは、ロッドホルダーの穴に「船べりBOX145」本体を沿わせます。場所が決まれば、付属品として備わっている「パイプ・イン・パイプ」を強く押し込んで固定!

 

因みに幅広いロッドスタンドの穴径に対応するため、「パイプ・イン・パイプ」が2サイズ付属されています。ロッドホルダーの径に合った方を選択してくださいね!

たった2ステップで小物置きが完成。メチャ簡単じゃないですか? 「パイプ・イン・パイプ」の素材もラバー製なので、ロッドにキズを付ける心配もありません。また、左右両方共に装着可能で、BOX部は船べりに合わせて角度調節が可能。淵部分もフックを掛けやすいように、波形状型になっています。

 

ただ、1つ注意点があり、「船べりBOX145」が浮き上がらないように、ロッドホルダーへ装着することがポイント。また、シッカリ差し込んでも長時間釣りをしていると、振動などで浮いてくることがありますので、時々ロッドホルダー穴に強く押し込んで調整してみてくださいね!

ロッドホルダーを有効活用しながら小物置きが設置できる。正に便利アイテム「船べりBOX145」。ぜひオフショアルアーフィッシングを日頃楽しまれている方は参考にしてみてくださいね!

 

解説動画もぜひ参考に!

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」

 

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。