ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【耐久性バツグン/タフネス素材を採用】俊敏なダートアクションと強い波動がタチウオを魅了する!アクアウェーブ「スパーク(75/85)」

あそこでは上がり始めたらしい。

こっちではまだ上がっていない。

なんて声がショップや釣り場に行くとチラホラ…、いよいよ盛り上がってきました、ショアからのタチウオゲーム。皆さんは狙いに行かれましたか?

記者自身は暇さえあれば、タチウオを狙いにフィールドへ出向いているわけですが、つい先日、あるアイテムを使用してイイ釣りができましたので、今回はそちらを紹介したいと思います。

 

スパーク(75/85)【アクアウェーブ】

今回紹介するのはこちら! アクアウェーブのワインド専用ワーム「スパーク(75/85)」。

スパーク85

 Spark85 : 85mm / ¥880(税込)[5本入り]
 Spark75 : 75mm / ¥880(税込)[5本入り]

アクアウェーブ公式「スパーク(75/85)」詳細ページはこちら

 

普段から愛用中で、例年イイ釣りができている「スパーク(75/85)」。

使う理由は同じくアクアウェーブの「スパーク・ヘッド」に装着することで、俊敏なダートアクションを演出してくれるから。また、張りのあるマテリアルを使ったボディと尾翼形状のテールによって強い波動を発生させ、水押しもバツグン!

実際使っていてもバイトがカナリ多く、常にタックルボックスへ忍ばせているワームの1つです。

普段使用している基本セッティング

 

先日の釣行を含め、普段から存在感を際立たせて高活性なタチウオを拾うため、基本的には「スパーク85」を多用しています。ただ、食いが普段より渋くてフッキングが悪いと感じた時、もしくは捕食しているベイトが小さい状況では「スパーク75」も使います。

この2サイズに関しては状況によっても出番が異なりますし、好みもあると思いますので、実際に両サイズを試していただき、自分のスタイルやその場の状況において相性の良いサイズを見つけていただくことがオススメです。

 

2つの大きなメリット

さて! 「スパーク(75/85)」は俊敏なダートアクションを実現し、効率良くタチウオを沢山釣るために、2つの大きな工夫が施されています。

 

タフネス素材を採用

ボディには「タフネス素材」を採用。タチウオからバイトがあってもキズが付きにくいというメリットを秘めた張りのある素材で、見切れを軽減してくれます。

つまり、時合の時など、一般的なワームより傷みにくいのでキャスト数が増えて、バイト数とキャッチ率共にアップさせることができます。実際に使っていても、掛かり所にはよりますが、3匹釣っても身切れしないなんてことも。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

セットが超簡単!

時合の時にワームが裂けてしまっても安心。スグに装着して釣りを再開できるのも「スパーク(75/85)」の魅力です! ワームの先端部(ヘッド)には、「スパーク・ヘッド」のボディに搭載されている2本のワイヤーにフィットするように、2つの下穴が設けられているので、誰でも簡単にセットすることができます。

 

因みに、3つ目の一番下の穴はケミホタルホルダーとなっています。

 

カラーバリエーション

カラーは全17色展開です。グロー(夜光)系にゼブラ系、またはベイトフィッシュに寄せたカラーまで!豊富に揃っていますよ!

 

これからがシーズン本番のタチウオゲーム! メチャ釣れるワームです。ぜひ試してみてくださいね!

AquaWave(アクアウェーブ)

兵庫県三木市を拠点とするソルトウォータールアー専門ブランド! アジング、メバリング、タチウオゲームなどのワーム、プラグ、ジグヘッドなどを主体に現場密着系アイテムを続々と輩出中!