ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【シマノから新しい提案】初となるオフショアキャスティング専用ベイトロッド「グラップラー タイプ C (ベイトキャスティング)」登場

青物、マグロ類、サワラ、シイラ、カツオ…など、盛り上がりを見せるオフショアキャスティング。

扱いやすさ、飛距離などからこれまではスピニングタックルが一般的。

扱いやすく、飛距離も出るベイトリールの登場により…オフショアキャスティングに「ベイトタックル」という選択肢が。

 

グラップラー タイプ C (ベイトキャスティング)

シマノ公式「グラップラー タイプ C (ベイトキャスティング)」詳細ページはこちら

ベイトタックルは精度の高いキャストと安定したリトリーブ、ダイレクトでリニアな操作性を備え、潮目やナブラにルアーを正確に撃ち込み、瞬時に臨戦態勢へとシフトできる点が最大のメリット。また、バイトに対するフッキングのレスポンスやパワーファイトなど、魚との豪快かつ直接的なやり取りもベイトタックルならではの魅力。

 

ロッドとしての特長

ブランクスには「スパイラルX」と「ハイパワーX」を搭載し、不快なブレを抑制、強度・パワー・レスポンスを向上。そして、メリハリが効いたスピニングロッドとは対照的に負荷に応じてスムーズに曲がる設計を施すことでキャスト時の急な加速・減速を抑え、ベイトキャスティングの課題でもあるバックラッシュのリスクを低減。

アクション的には、巻きの釣りがベースとなることを考慮したソフトティップ設計。オフショアベイトキャスティングに求められるスペックを追求。

さらに詳しい特長

握りやすく、力が掛けやすいロングフロントグリップ。

ビッグファイトの必須アイテム、強度・剛性重視のオーシャンガイドを搭載。

ラフなファイトでも安心感のあるロングナットを採用。

 

鈴木 斉氏によるインプレッション

ベイトタックルの利点は数多くありますが、速い攻略が中心になってしまうスピニングタックルに対して、スロースピードであってもルアーアクションを細かくつけやすいことが魅力ですね。チョンチョンと一か所で粘るような、見せつけるようなアクションを演出しやすいからです。ブリなどは速く移動するルアーに反応しなかったり、反応してもショートバイトばかりだったりということがよくあります。シイラゲームでも追ってきた魚に対し、喰わせるための小刻みなアクションを加えると喰ってくることが多い。ベイトタックルならこんな操作がとてもやりやすいですね。テスト中でもスピニングタックルにはまったく反応せず、ベイトタックルばかりにヒットしてきたということもありました。

高精度なキャストが可能になることや、巻き上げパワー・巻きブレの少なさを活かした安定したリトリーブ性能、ダイレクトでリニアな操作性、初動の巻き上げトルクの大きさを利用して一気にフッキングに持ち込めることなど、ベイトタックルの優位性はとても多いです。

グラップラー タイプCは、シマノ初のオフショアのベイトキャスティング専用設計のロッドです。比較的ショートレングスのモデルが多く、ティップを使ったキャストも十分に可能。操作性もとても高いです。ルアー操作でもヒット後のやり取りにおいてもダイレクト感を味わうことができ、ゲーム性の高さを存分に味わうことができると思います。おすすめは遠距離戦よりも近~中距離戦ですね。オフショアでのベイトキャスティングゲームは、スコーピオン MDが登場したからこそ可能になる世界でもあります。ベストバランスを追求できるロッドとリールのマッチングを楽しんでほしいですね。

ベイトタックルを使用したオフショアゲームはこれからの釣りです。想像する以上にスピニングタックルでは攻略しきれなかった状況や魚に対応できる可能性を秘めていると思います。使用する条件を選ぶときもありますが、ブリ、中型以下のヒラマサ、シイラ、カツオ、サワラなどには十分に対応できると思います。新しいタックルでの新しい釣りを楽しんでもらいたいですね。

出典:シマノ公式HP

 

関連動画もチェック

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

合わせるリールは

グラップラー タイプ C (ベイトキャスティング)のターゲットとしては青物やサワラ、カツオなどPE2〜4号前後を多用する近海のライト〜ミディアムゲームを想定。それを踏まえ、糸巻き量やドラグ力を考えると…ナイロンライン20lbを160m巻けるラインキャパに、最大ドラグ力は8kgというモンスターリール「スコーピオンMD」がオススメとのこと。

シマノ公式「スコーピオンMD」詳細ページはこちら

 

スペック&ラインナップ

B70L~B80Mまで、ターゲット別に選べる4アイテムがラインナップ。

オールマイティに楽しむならB73ML、20kg+α程度のマグロ類やブリ・ヒラマサまで視野に入るようなパワーゲームにはB80M、といったところでしょうか。また、乗る船や釣座によってアンダー、サイド、オーバーなどキャストを使い分ける必要がある場合も上記表を参照に。

スペック表はこちら
品番 全長(ft.) 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径(mm) ルアーウェイト(g) 適合ラインPE(号) 最大ドラグ(kg) 最大ドラグ角度(°) グリップタイプ リールシート位置(mm) リールシートタイプ カーボン含有率(%) 希望本体価格(円)
B70L 7’0″ 2.13 2 167.7 194 2.2 MAX60 MAX3 4 45 ストレート 338 DOWNLOCK 90 31,000円
B73ML 7’3″ 2.21 2 169.6 215 2.3 MAX80 MAX4 6 45 ストレート 366 DOWNLOCK 90.2 33,000円
B710ML 7’10” 2.39 2 182.2 242 2.3 MAX80 MAX4 6 45 ストレート 400 DOWNLOCK 90.5 34,000円
B80M 8’0″ 2.44 2 182.9 258 2.5 MAX100 MAX5 8 45 ストレート 415 DOWNLOCK 90.5 35,000円

 

そして、このスペックで本体価格は30,000円台とコスパも◎。実売価格では20,000円台になる機種も。

スピニングタックルでは獲れなかった魚が獲れるようになる。これはシマノからの新しい提案です。

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。