ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【知っているだけで大違い】3010サイズのボックスを活用した「VS-7080N」&「VS-7080」のシステム収納を紹介!

座れるランガンシステムボックスでお馴染み、「VS-7080」と「VS-7080N」。

出典:明邦化学工業公式ページ

 

持ち運びやすいサイズ感はモチロン、最大の特長は「座れる」というトコロ! 今でも安定した人気を誇るアイテムです。

そんな中、つい先日、明邦化学工業の公式インスタグラム「meihokagaku_official」で、ある収納方法が公開されましたよ!

 

「VS-7080」&「VS-7080N」システム収納(3010サイズ編)

3010サイズのボックスを活用した「VS-7080N」&「VS-7080」のシステム収納方法が「meihokagaku_official」で公開されました。

 

使い勝手の良い3010サイズのボックスシリーズ

様々なサイズが展開されているボックスシリーズの中でも、丁度バッグなどに収納しやすくて、持ち運びやすいという理由から、多くのアングラーから広く支持されているのが3010サイズのボックスシリーズ。

 

各モデルの詳しい情報は以下をチェック!

釣場で重宝するMEIHOのルアーケース!バッグに収まるVS-3010シリーズ!

 

3010サイズのボックスは、NS/28㎜、ND/40㎜、NDD/60㎜というように、ケースの厚み違いで3タイプラインナップされています。それぞれケースが、約0.75:1:1.5という絶妙な比率で設計されているため、3タイプを上手く活用することで、色々なパターンのシステム収納を行うことができます。

 

3010サイズの収納パターンを紹介!

では、「meihokagaku_official」で公開中の3010サイズを使った「VS-7080N」&「VS-7080」のシステム収納パターンをこちらでも紹介していきますね!

 

3010NDサイズを収納

3010NDサイズはキレイに6個収納することができます! プラグやジグだけを収納したいという方には良い収納方法かもしれませんね。

 

3010NDDサイズを収納

3010NDDサイズを2個収納すると、丁度センターを仕切り版を使用して区切ることができます。残ったスペースには、違うサイズのケースやワームのパッケージ、その他小物類などを収納することが可能。

 

3010NDD、ND、NSを各2個ずつ収納

こちらも現場に沢山のプラグやジグを持ち込みたい方にはオススメな収納方法。

 

3010NDサイズ4個、SFCケースLサイズ6個

プラグやジグに、小物類などをキレイに下段にまとめて収納したいという方は、こちらの収納方法がオススメ!

 

こんな収納方法も!

システム収納した3010ケースとインナートレイの隙間には、3010NDサイズが丁度収まります。このような裏技があったとは…。

 

以上が、3010サイズのボックスを活用した「VS-7080N」と「VS-7080」のシステム収納になります。

これから秋が深まるにかけて、ジギング・ショアジギングやタチウオゲームにバスフィッシングの巻きモノゲームなど、タックルボックスの出番もさらに増えてくると思いますので、ぜひ! 今回紹介した収納方法を参考にしていただいて、秋もルアーゲームを満喫してみてくださいね。

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!