ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ティップラン・イカメタル・SLJをこの1本で!天龍のマルチパーパスロッド「ブリゲイドフリップTR」

天龍から展開されているユーティリティ・ティップランロッド「ブリゲイド フリップ TR」。

同じく展開されているエギングロッド「ブリゲイドフリップ」のコンセプトを踏襲し、オフショアで色々遊べるエギングとして開発されたロッドです。

その用途はアオリイカをターゲットにしたティップランエギングをはじめ、鉛スッテを使ったイカメタルや、ディープアジングでもあるバチコン、軽量メタルジグを使ったスーパーライトジギングなど、スペック内であれば様々なターゲットを狙うことが可能!

まさにこの一本で様々なオフショアゲームを楽しむことができる、汎用性が非常に高いロッドになっています!

ブリゲイド フリップ TRのロッドスペック

モデル レングス
( m [ft])
ピース アクション 仕舞寸
(cm)
ルアーウエイト
(g)
PEライン
(号)
リアグリップレングス
(mm)
ロッドウエイト
(g)
カーボン/グラス
(%)
本体希望価格

(税抜き)

BFT5112S-MLS 1.80[5’11”] 2 R 93 MAX60 (Cast MAX25) MAX0.8 310 82 98/2 ¥40,500
BFT672S-MS 2.00[6’7″] 2 RF  103 MAX80 (Cast MAX30) MAX1.0 310 87 98/2 ¥42,000
BFT632S-MHS 1.90[6’3″] 2 RF 98 MAX100 (Cast MAX35) MAX1.0 310 87 98/2 ¥40,500

展開機種は3種類。

フィネスモデルのBFT5112S-MLS・バーサタイルモデルのBFT672S-MS・パワフルモデルBFT632S-MHSが展開!

タフな状況と浅場を攻略するフィネスモデルBFT5112S-MLS

BFT5112S-MLSはタフな状況と浅場を攻略するのに適したフィネスモデル。

取り回しの効くというレングス設計で細かな操作を得意とします。

特に水深10~30mなどの浅場での釣りにピッタリです!

ジグではマックス60g(キャストではマックス25g)に対応しています!

浅場から深場まで対応するバーサタイルモデルBFT672S-MS

浅場から深場まで対応するバーサタイルモデルのBFT672S-MS。

水深20~40m、25~40g程のエギをイメージした設計になっています。

レングスもシリーズ最長で海面から高いポジションでも操作がしやすく、多少の波の揺れでも吸収してアタリを引き出すアクション性能となっています。

広範囲をキャストで探るにも最適!

また15号までのイカメタルやバチコン、10~40g程のスーパーライトジギングにも対応しています!

大物と深場を攻略するパワフルモデルのBFT632S-MHS

BFT632S-MHSは深場や潮流の早いエリアの攻略や、大型アオリイカ狙いに焦点を合わせたパワフルモデル。

水深20~50m程で30~50gが扱い易く70g以上のエギにも対応可能するなど、ディープエリアでも活躍します。

もちろんディープエリアでの僅かなアタリや変化もティップでしっかりとらえる繊細さは健在。

潮流や大物の抵抗にも負けないバットパワーも備えています。

20~60g程のメタルジグを使ったスーパーライトジギングにも対応したシリーズ一番のパワーロッドです。

タイラバやタイジギングなどにも使える、ちょっと重めのリグ類を扱うライトゲームにピッタリなモデルとなっています。

さまざまなゲームに活かせる『ティップの収束の速さ』

カラーリングもティップ部分は変更してあるので、視認性も抜群

この「ブリゲイドフリップTR」の一番のこだわりポイントは『ティップの収束の速さ』。

天龍スタッフの舟木さん曰く、「一度手に取ってロッドを振って、ピタっとロッドを止めて欲しい。そうすると柔らかな穂先が揺れるのだが、すぐに揺れは収まる。」とのこと

特にティップランにおいて、ステイ直後の揺れを抑えてアタリを見分けるかによって釣果の差が表れてきます。

そこで「ブリゲイドフリップTR」ではティップ部に繊細なカーボンソリッドとマグナフレックス製法を採用。

ソリッドティップの繊細さとスムースに曲がる「マグナフレックス製法」をミックスし、僅かな抵抗でスムースに入るティップと淀みなく曲がるアクションを併せ持つ性能となっています。

結果、緩い潮流であっても抵抗を感じて曲がり込み、イカのタッチを感じると即座に穂先が変化を捉えてくれる。

しかも、前述の通りティップの収束が早いので、ガイドにラインが絡むのが少なくステイ直後のアタリが取りやすいといった効果も併せ持つ最高の仕上がりとなっています。

そしてバット部にはC・N・T素材を使用し、よりネバリのあるブランクに設定。

ライトタックルの不安要素も解消され、様々な対象魚の引きにも安心して対応できるロッドとなっています。

ほかにも負担が集中しやすいジョイント部の口元には西陣織カーボンを採用するなど、見た目のデザイン性はもちろん、各パーツにもこだわりを持った仕上がりとなっています。

トラブルレスのガイド設定

ガイドには全機種ステンレスフレーム、小口径のSICリングが搭載されています。

また、ティップ部にLDB、ベリーからバット部にKガイドを採用しているのでラインの放出もスムーズでトラブル回避にも非常に優れた設計になっています。

天龍公式ブリゲイド フリップ TR詳細ページはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。