ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【周りより深いレンジを攻める】カバーの選び方やオススメルアーなど!諸富真二が今アツイ「シャローカバーゲーム」を紹介

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

皆さん! こんにちは。

今年の8月は台風に大雨、各地に甚大な被害をもたらしましたね…。琵琶湖も連日の大雨でカナリの被害を受け、水位は何と+60cmの大増水。

それまでは天候的にも不安定な日が続いていましたが、大雨後は一気に晴れ続きで琵琶湖は水位が増々減り、この季節の基準水位の-30cmまで下がってきています。

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

 

周りよりも深いカバーを攻める!「シャローカバーゲーム」を紹介

ここ最近の諸富ガイドの流れは、簡単に言うとシャロー展開をメインに連日釣っています。理由としては、雨も降らずでどんどんクリアアップした、沖のフラットウイードの魚が簡単に口を使いにくくなってきていますので、シャローのカバーゲームで簡単に口を使う魚を探しています。

 

モチロン、水位が低くなってきているので、そんな簡単ではないのも事実。ですので、「ただひたすらにカバーを撃っていく」のでは無く、「周囲より少し深いレンジのカバー」に的を絞ってタイミングを変えて釣るというようなことをしています。

入り直す条件としては釣りをしていて、一番重要視しているのが「生命感がある所」。では、生命感があるとは具体的にどういう所なのかというと、「カバー周辺にベイトフィッシュ(※種類は問いません)がウロウロしている」。

そういった所には、確実にバスが居てるので、風が吹いたタイミングや晴れたタイミングなどに入り直して釣っていっていますね。

 

釣り方は大きく2つ

釣り方的には「ヒシモフリップ」と「パンチング」の大きく2つに分けられます。ヒシモフリップは、3/4ozテキサス+「エスケープツイン」。

ノリーズ公式「エスケープ ツイン」詳細ページはこちら

 

パンチングは、1.5ozテキサスに「フロントフラッパーカーリー」をセットする組み合わせで、どちらも「シューター・ステューター」(80Lb)を使用。

ノリーズ公式「フロントフラッパーカーリー」詳細ページはこちら

 

シューター・ステューター

サンライン公式「シューター・ステューター」詳細ページはこちら

 

 

より詳しい情報については、YouTube「諸富真二のBE:LION.チャンネル」で、シッカリ解説していますので、そちらも合わせてご覧になってみてくださいね!

 

その動画がこちら!

出典:YouTube「諸富真二のBE:LION.チャンネル」

 

そんなこんなでボチボチ、まとまった雨がほしいなって考えている若獅子でした。皆さんもイイ釣りをしてくださいね! それでは!

 

WEB連載 諸富真二のめっちゃ若獅子!! は隔週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい