ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【鮎をルアーで狙う】手持ちのタックルでOK!意外と手軽に始められる鮎のルアーゲームとは

鮎釣り。

どんなイメージをお持ちですか?

9mを超えるような長竿に、おとり鮎をセットして…なかなかハードルが高いと感じているアングラーも多いのではないでしょうか。

そんな鮎を手軽にルアーで狙う!新感覚のルアーゲームがこのところジワジワと人気なようで。

…気になるのは、何をどう使って、どのように釣るのか。

 

REAYU(リアユ)125S/Baby・REAYU(リアユ)105S 【カツイチ】

オリジナルサイズの125Sと、小河川や浅場などに対応する105Sの2サイズラインナップ。

もともとは友釣り用に作られたルアーですが、もちろんルアータックルで利用することも可能です。

カツイチ公式「リアユ」詳細ページはこちら

 

特長

リアルなシルエットはまさに鮎。高耐久シリコン採用・サイレント設計で野鮎に近づけた、シンキングタイプのバイブレーションタイプのルアーとなっています。

 

使い方&セッティング方法を動画でチェック

出典:YouTubeチャンネル「DECOY / KATSUICHI CO.,LTD.」

出典:YouTubeチャンネル「DECOY / KATSUICHI CO.,LTD.」

 

スペック&カラーラインナップ

リアユ125S:125mm、約20g、オープン価格

 

ベビーリアユ105S:105mm、約15g、オープン価格

 

リアユだからできるこんな使い方

通常の友釣りなら狙えない、こんなポイントやあんなポイントが狙えるのもルアーゲームの強み。こちらの動画では、小規模河川の竿抜けポイントの狙い方をご紹介。

出典:YouTubeチャンネル「DECOY / KATSUICHI CO.,LTD.」

 

次のページではREAYU×PALMSがコラボしたミノー「リスケード80F・100F」をご紹介!
1 / 4
次へ