ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

パワーフィネスに「沈むPEライン」という選択肢!サンライン【シューター・デファイアー D-Braid】

この夏、お世話になっている人も多いんじゃないでしょうか。

シェードが形成されるカバーをタイトに、そしてライトに攻められる「パワーフィネス」の釣り。

ライト…だからこそ、ラインの浮力が気になるのは記者だけではないはず。

 

シューター・デファイアー D-Braid

 

サンライン公式「シューター・デファイアー D-Braid」詳細ページはこちら

 

沈むPEライン

 

どういうことかというと、一般的に真水の比重が1.00、海水の比重が1.03〜1.04(塩分濃度によって変化)と言われていて、各ラインの比重がこの数値よりも高ければ沈み、軽ければ浮くというわけ。

一般的なPEラインは、比重1.00未満のものがほとんど。だから、PEは水に浮くんです。一方、ナイロンラインは平均すると大体1.14程度の比重。つまり沈む。

規 格 号 柄 0.5 0.6 0.8 1 1.2 1.5
120m単品
アベレージ強力(LB) 7 9 11 13 15 19
直強力MAX
LB 8 10 12 16 20 25
Kg 3.6 4.5 5.5 7.3 9 11
比重 1.24 1.19 1.14 1.1 1.18 1.15

スペック表の一番下の項目にご注目いただけると、1.10~1.24という比重になっていますよね。 そう、ナイロンラインと同じように沈むんです。

どういうことかというと、ナイロンラインを使う感覚でPEラインのメリットを活かした釣りができるということ。

軽いスモラバやノーシンカーなどをカバーに入れて、そのままフォール。…なんてときライン自体に浮力があると、ただでさえ障害物があるのにさらに沈みにくくなったり。それだけでも十分、沈むPEラインを使ってみる価値はあるんじゃないかと。

 

なぜ比重が重いのか

比重が重いのは「HG-PE タイプⅢ(ハイグレードPE タイプⅢ)」という素材が使用されていて、芯に高比重繊維を織り込んであるため。

沈降速度(比重) 耐摩耗性 吸水性 強力/直引張り 柔軟性 結節 伸び率
SUPER PE(スーパーPE) 0.97(漂う) 極細繊維のため摩擦に弱い なし ナイロンの約2.5倍 しなやか 直線引張強力の約40% 極少
EX-PE(エクセレントPE) 0.97(漂う) 極細繊維のため摩擦に弱い なし ナイロンの約3倍 しなやか 直線引張強力の約40% 極少
HG-PE(ハイグレードPE) 0.97(漂う) 極細繊維のため摩擦に弱い なし ナイロンの約3.5倍 しなやか 直線引張強力の約40% 極少
HQ-PE(ハイクオリティーPE) 0.97(漂う) 極細繊維のため摩擦に弱い なし ナイロンの約2.7倍 しなやか 直線引張強力の約40% 極少
ULT-PE(アルティメットPE) 0.97(漂う) 極細繊維のため摩擦に弱い なし ナイロンの約3.5倍 しなやか 直線引張強力の約40% 極少
HG-PE タイプⅡ(ハイグレードPE タイプⅡ) 1.05 極細繊維のため摩擦に弱い なし ナイロンの約3.2倍 しなやか 直線引張強力の約40% 極少
HG-PE タイプⅢ(ハイグレードPE タイプⅢ) 1.1〜1.24(号柄別設計) 極細繊維のため摩擦に弱い なし ナイロンの約3.2倍 しなやか 直線引張強力の約40% 極少

強度的にはナイロンの約3.2倍と申し分なし。また1.5号までラインナップされていて、それなりにキツめのカバーでも大丈夫そうな。

 

関連動画もチェック

出典:YouTubeチャンネル「sunlinefishing」

出典:YouTubeチャンネル「sunlinefishing」

 

シューター(Shooter)

シューターはサンラインのバスフィッシング専用ラインブランド。フロロカーボンライン「FCスナイパー』シリーズや、ナイロンラインの「デファイアー」シリーズやマシンガンキャスト、そしてPEラインのステューターなどが特に人気を集めている。

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!