ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今の季節にメチャ有効】加木屋守(マーモ)がフッキング率と釣果をアップさせる「ドリフトクラブ」の極秘チューン方法を紹介!

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは!

先日は久しぶりに僕の生まれ育ったフィールドでもある油ヶ淵へ行って来ましたので、その様子をレポートさせていただきます!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

「ドリフトクラブ」の特殊チューンでフッキング率アップ

夏ということで流入河川上流域をメインに狙ってきました。

色んなルアーを試した結果、反応の良かったルアーが2つ。それは「ドリフトクラブ」とドリフトクラブの片側の足を全てカットしたチューニング。

Name Length(本体/テール含む全体) QTYt 税込価格
DRIFT CRAB 45 45mm/145mm 5 ¥880

ジャッカル公式「ドリフトクラブ」詳細ページはこちら

 

ドリフトクラブ」ではフッキングミスでキャッチはできない場合でも、片側の足をカットしたミニドリフトクローにすることで、ベイトフィッシュ食いまくりのナイスサイズのバスを捕獲することができました。

 

「ミニドリフトクロー」は以下の写真の通り、「ドリフトクラブ」を半分カットしたモノ。

RVドリフトクロー」でいいんじゃないの? と思う方もいるかもしれませんが、この日「RVドリフトクロー」のワッキーも試した結果、反応は得られず…。

 

さらに、バスをキャッチする前に水門に数匹いたスクールのバスへ色んなルアーを試すも中々釣れなくて、このミニドリフトクローを試すと一撃でバイトしてきてくれました。

このミニドリフトクローが従来のドリフトクローと違う点は、大きい2本の爪がないので動きがすごく早いのが特長。

ちょっとアクションを付けることで、すごく飛んできてくれるので、ベイトフィッシュを活発に追いかけている場合には、こちらのミニドリフトクローがベストマッチかもしれません。

もちろん通常の使用方法として、#2/0クラスのオフセットフックを使ったバックスライドリグも有効。

ドリフトクローとはまた違ったアクションとコンパクトさなので、皆さんも「ドリフトクラブ」の片側がちぎれたりしてボロボロになってもワームを交換せず、1度ミニドリフトクローとして試してみてくださいね!

今回はノーシンカーワッキーで使用していたので、フックは「タリズマン」(#1/0)を使用しました。

リューギ公式「タリズマン」詳細ページはこちら

 

ドリフトクラブ」と兼用でしていたので、少し大きめのマスバリでしたが、このミニドリフトクローをメインに使用するたけなら#1ぐらいがベストマッチなフックサイズかと思います。ぜひお試しください!

 

YouTube「マーモチャンネル」でも今回の釣行の様子が公開中!

出典:YouTube「マーモチャンネル」

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

【ビーク】対ヘビーカバー「吊るし」専用・新型タングステンスモールラバージグ!

【ダウズワン】秦拓馬プロデュース! デカシーバス用220mmNEWジョイントビッグペンシルが登場

【BPM】 ジャッカルのバスロッドシリーズBPMが2021年7月フルモデルチェンジデビュー【全16本】

いよいよ登場!【ブラストボーンJr SF】ジャッカルの進化系ビッグベイトにオカッパリでも使いたい150mmジュニアサイズが登場

【2021NEW】BPM ! ジャッカルの人気バスロッドシリーズBPMが2021年7月フルモデルチェンジ・デビュー

【スタッカブルバスケット】ジャッカルから色んなモノを収納できる強靭なバスケットが登場!