ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【サーフでベイトスタイル】シリーズ初となるベイトモデルをラインナップ!シマノのネッサにNEWシリーズ「NESSA(ネッサ)XR」登場

シマノのサーフ系ロッドといえば「NESSA(ネッサ)」シリーズ。

ネッサ リミテッド」を最上位モデルとし、次いで中核を担う「ネッサ エクスチューン」。そしてエントリーモデルの「ネッサ BB」の3シリーズがラインナップ。

そして2021年、エクスチューンに次ぐミドルエンドクラスで「ネッサ CI4+」の後継機種の位置づけ「ネッサ XR」が登場。

このネッサXR、シリーズ初となるベイトモデルもラインナップされているとか?! 気になります!

 

NESSA(ネッサ) XR

2021年8月登場予定

ベーシックとなるS104M~パワー系のS100MH+、さらにシリーズ初のベイトモデルB104M+の計6機種が登場。

シマノ公式「ネッサXR」詳細ページはこちら

 

軽さとパワーを両立、さらに感度も良い

XRの特長はその軽さと、大型青物までも視野に入れたパワー。

それらを両立させるべく搭載されたのは「ハイパワーX」に、前モデルCI4+には採用されていなかったブランクスの基本構造「スパイラルXコア」。ネジレを抑え込みブランクスが持つ本来の性能をフルに発揮することで、対大型ヒラメや青物などとのパワーファイトを可能に。

さらに、カーボンモノコックグリップを搭載。感度の良さにも期待したいところです。

継本数はネッサシリーズ譲りの3本継ぎを継承。ジョイント部には安心の「スクリューロックジョイント」が採用されていて、がっちりロックできかつ外しやすいという盤石の体制。

 

ネッサにベイトモデル?

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

そうなんです、気になりますよねベイトモデル。

シーバスやロックショアなどでジワジワ浸透してきているベイトスタイルが、いよいよサーフでもという感じでしょうか。

メリットは高精度に手返し良くキャスト&リトリーブができること。巻モノ系ルアーのダイレクトな操作性。トルクのあるベイトタックルならではの掛けた瞬間からゴリ巻きパワーファイトも可能。また重めの大型ルアーなどが投げやすいなどのメリットも。

この方はヒラメ釣りにはもちろん、ショアジギングやロックフィッシュにも使えそう…と仰られています。

合わせるリールはスコーピオンMD

ターゲットは大型ヒラメや青物。先に紹介した堀田さんの動画にも登場していますが、糸巻き量やドラグ力を考えると、ナイロンライン20lbを160m巻けるラインキャパに、最大ドラグ力は8kgというモンスターリール「スコーピオンMD」がピッタリじゃないかと。

シマノ公式「スコーピオンMD」詳細ページはこちら

大は小を兼ねるではないですが…このリール、ほんと1台あれば何でも使えますね。

 

スペック

というわけで、全モデルのスペックはこちら。目新しいベイトモデルに目が行きがちですが、キャスタビリティ重視のロングロッドにパワー系など、なかなかどうして全モデルかゆい所に手が届くラインナップとなっているのです。

品番 全長(ft.) 全長(m) 継ぎ方式 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径(mm) ジグウェイト(g) プラグウェイト(g) 適合ラインPE(号) リールシート位置(mm) リールシートタイプ カーボン含有率(%) 本体価格(円)
S104M 10’4″ 3.15 並継 3 110 170 2.1 MAX42 8~36 0.8~2 451 UPLOCK 99 42,000円
S108M+ 10’8″ 3.25 並継 3 113.3 172 2.2 MAX48 8~42 0.8~2 456 UPLOCK 98.7 43,000円
S112M+ 11’2″ 3.4 並継 3 118.3 180 2.1 MAX48 8~42 0.8~2 471 UPLOCK 98.9 43,500円
S106MH 10’6″ 3.2 並継 3 111.6 175 2.3 MAX56 10~50 0.8~2 456 UPLOCK 98.9 43,500円
S100MH+ 10’0″ 3.05 並継 3 106.6 167 2.3 MAX65 10~56 1~2.5 456 UPLOCK 98.7 44,000円
B104M+ 10’4″ 3.15 並継 3 110 175 2.1 MAX50 10~45 1~2 426 DOWNLOCK 97.4 43,500円

 

このスペックにしては抑えめの価格も魅力。

初めての1本にはもちろん、エントリーモデルからのステップアップに、もちろんベテラン勢のメインロッドとして。いかがでしょうか。

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。