ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【21エメラルダスAIR】エメラルダス史上最軽量スピニング!【自重160g~】軽さを極めたエギング専用リール!

2005年に世界で初めての専用タックルとして誕生したダイワのエギングブランド「エメラルダス」。

出典:ダイワ公式 エメラルダス全ラインナップページ

エギをはじめロッドやリールなど、アオリイカのエギングを中心としたこだわりのアイテムがラインナップ。

リールに関しても「エメラルダスAIR」「エメラルダスMX」「エメラルダスLT」と3グレードがラインナップされているんですが、2021年、フラッグシップシリーズ「エメラルダスAIR」が3年ぶりにリニューアル、エメラルダス史上最軽量を更新する「21エメラルダスAIR」が新たに登場!

 

 

21エメラルダス AIR

2021年2月登場

「18エメラルダス AIR」から3年ぶりにリニューアル!

2021年満を持して登場したのが21エメラルダス AIR。
今回の21エメラルダスAIRには、ザイオンモノコックボディが採用されさらなる軽量化と強度アップを実現!
エメラルダス史上・最軽量シリーズが誕生!

 

機種は全4機種、浅溝スプールのシングルハンドル、ダブルハンドル、そして深溝スプールのシングルハンドル、ダブルハンドルがラインナップされています!

ちなみに、4機種がどれぐらい軽いのか?ですが…

エメラルダスAIR  FC LT2500Sは何と自重160g

 ダイワ公式「21エメラルダス AIR」詳細ページはこちら

エメラルダス史上最軽量のエギング専用リール

ZAION製モノコックボディ

最大の特長は「エメラルダスAIR」を上回る軽さと剛性。

それをもたらしたのが、軽さと剛性に定評のあるZAION製モノコックボディ

エギングに求められる軽い操作性と、激しいしゃくりに耐えられる剛性という相反する要素を実現。先にZAION製モノコックボディが採用されている「20ルビアス」がベースとなっているイメージでしょうか。

また、2.5号~3.0号クラスの小型のエギを使用する際などに適した「フィネスカスタムモデル」が登場するのも注目ポイント。秋の数釣りのタイミングなどで試してみたい。ハンドルにはパワーラウンドEVAノブを標準搭載し、安定したシャクリを実現。

ラインナップは以下の4種
品名 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) ギア比 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 標準巻糸量 ナイロン (lb-m) 標準巻糸量 PE (号-m) ベアリング ボール/ローラー
メーカー希望本体価格(円)
FC LT2500S 72 5.1 160 5 4-150 0.6-200 12/1 49,300
FC LT2500S-DH 72 5.1 175 5 4-150 0.6-200 12/1 51,900
LT2500-XH 87 6.2 180 10 6-150 0.8-200 12/1 49,300
LT2500-DH 73 5.2 195 10 6-150 0.8-200 12/1 51,900

シリーズ最軽量となるエギング専用機。これからの迎える秋のエギングシーズンにオススメです!

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!