ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ヤマミミズ3.5インチ】小森嗣彦プロデュース! 超食わせ系ゲーリーヤマモト注目の新作ワームが2021年9月登場

気になるゲーリーワーム最新作の情報をお届けします! それは…

Gary YAMAMOTO
ヤマミミズ3.5インチ

2021年9月登場

ゲーリーワームの最新作!
超超食わせ系の「ヤマミミズ」が2021年9月にリリースされます!

このワームはご存じ! 日本を代表するトーナメンター小森嗣彦さんプロデュースもの!なんです。まずはどんなワームなのか? 画像を見てください!

全長:3.5インチ
自重:約 1.6 g
入数:8本
マテリアル:ハーフソルティ
カラー:全12色

小森 嗣彦(Tsuguhiko Komori ) プロフィール

JBのトーナメンターとして、同協会の最高峰TOP50プロシリーズを戦うトーナメントプロ。年間チャンピオン3回(最多)TOP50優勝6回(最多)2008年にはJBスーパーバスクラシックを制覇、2012、2018にはBasserAllstarClassicを制している。シーズンの合間には琵琶湖、桧原湖、北浦、亀山ダムでガイドも行っている。論理的考え方でバスフィッシングとトーナメントを攻略する。1974年生まれ兵庫県神戸市出身、千葉県在住。

パっと見た印象はどうですか?

その名の通り、もろミミズのような見た目の超シンプルなストレートワームなんです!

ノンテーパーデザインにすることが、究極の喰わせアクションを生んでくれる

シンプルすぎて逆に意表を突かれた感じですが、実はこのシンプルさに秘密が隠されているんです。

このヤマミミズ!はボディーの太さにテーパーのないノンテーパーワーム(頭からテールまで太さがほぼ同じ)になっているのが最大の特長!

小森さんがナゼ、このノンテーパーワームにこだわったのか? というと、実はノンテーパーデザインにすることが、究極の喰わせアクションを生んでくれるからなんだそう。

どういうことか? というと…

ノンテーパーワームを、ネコリグやダウンショットワッキーなどで使用すると、フックをかけた位置に加えたアクションが、頭とテールまでロールしながらしっかり伝わり、そのロールアクションがスレバスに超効果的なんだそう!

実際、小森さんはこれまでのトーナメントでも、このノンテーパーワームによるロールアクション、通称ストローシェイクを多用。

2016年トップ50七色ダム戦(カット・カットテールワーム)、2018年バサーオールスタークラシック(カリフォルニアワーム)で優勝を飾っていたんです。

そしてこのストローシェイクが簡単に演出できるのがヤマミミズというわけ!

 

ちなみにヤマミミズに関しては、小森さん自ら動画で実釣をまじえて解説してくれているのでぜひチェック

ゲーリーヤマモト新製品ヤマミミズを房総リザーバーで小森嗣彦が解説‼

出典:YouTubeチャンネル「小森嗣彦のコモチャンネル」

ゲーリーヤマモトの超生命体マテリアルと究極の喰わせロールアクションが融合! そんなワームがヤマミミズ!

ヤマミミズはネコリグ、ワッキーダウンショット、ノーシンカーほかあらゆるライトリグで使用可能

ヤマミミズのリグに関してはネコリグをはじめ、ダウンショットワッキー、ノーシンカー、ジグヘッドなどあらゆるライトリグで使用可能とのこと!

ちなみに最も基本となるリグはネコリグ! 小森さんのネコリグセッティングをご紹介しておくと…

推奨フックはガードなしマス針「スーペリオ・MⅡフック【エンジン】」#8
フックを刺す位置は頭側前から1/3前後の位置で、横刺し!
ワッキーチューブも使用(太さ3mmを長さ4-5mmにカットしたモノ)
ネイルシンカーは0.8g

フックを抜く向きにも気をつけるとフッキング率がかなり上がるとのこと

いやぁー早く使ってみたいです!