ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【淀川通信】淀川の夏開幕宣言で、ええやんかぁ~!

寄稿:HASSY

こんにちは!こんばんは!ええやんかぁ~!

淀川番長 HASSYです。

 

暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか!? 暑い日と言えば…淀川の夏、はじまってますよ!

今回も淀川の状況をお伝えする淀川通信をお送りさせていただきます! が、もちろん淀川に限ったことではなく、別の水辺、特に流れのある河川で釣りをされる方にも少しは役に立つ情報もあるかと思いますので、今回もどうか最後までお付き合い願います。

HASSY/はっしー(Hassy) プロフィール

「ええやんかぁ~」を合言葉に、釣りを通じて "全力で遊び、全力で楽しみ、全力でふざける” 関西在住のアングラー。 関西圏の水辺、ライブハウスに出没することが多く、バスをメインに海のライトゲームなどにも造詣が深い実力派としても知られる。

 

夏は水が動きやすい本流側がセオリー

さぁ、梅雨が明けて猛暑続き。かつゲリラ豪雨や雷雨も多くなってきましたね。

これから猛暑が続き、水位の上げ下げが少ない淀川では、大雨などがない限り、水が動きにくいワンド内の釣りよりも、バスが過ごしやすい本流側の釣りがメインとなってきます。

 

本流側の釣りはパッと見た感じ何もない様に見えて、バスが留まりやすい場所であったり通り道であったり…、バスの居場所を見つけることが重要。良い場所が見つかれば、猛暑続きと言っても逆に考えれば安定した状況ですので、連日同じ場所で釣れるということは多くあります。

ただし。ゲリラ豪雨による増水などで状況が変われば対応できなくなるのもまた事実。場所の特性を理解した上で最適なルアーを投げていくことも夏の釣りでは重要なポイントです!

 

具体的なポイントの絞り方

 

例えば、この何も無い様に見える場所ですが…

 

黄色で示しているのは本流の流れが1番強いところで、右から左へかけて流れています。

そして青色には、ゴロタ石が岬状に入っていて、その影響で緑色部分に砂や石などが蓄積。赤色部分は、流れが緩やかになり且つ流れが大きく巻いています。

緑色が熱い場所というのは、流れに大きな変化がある場所、すなわち流れが弱くなりバスがエサを待ち構える絶好な場所だからです。

また、赤色の部分の中心は流れが巻いている影響で沈みものが溜まりやすかったりもします。なので、緑色の場所を投げるだけで、流れの変化を多く攻められるのも良いわけです。

一等地は緑ですが、あくまで一等地。緑を絡めて色々な場所を探してみましょう!

 

使用ルアーについて

次に使用するルアーですが、僕はフリーリグを使用することが多いです。

 

その理由としては何より引っ掛かりにくいから! そしてリグを転がしやすいから!

また、シンカーが誘導式なので違和感無くバイトを誘発させられ、流れの中でもワームを硬い動きではなく艶めかしい動きにできるからですね。また、短い距離のハードボトムも遠投先の沈みものや地形の変化も狙えるので汎用性が高いです。

5gをメインに流れが強い場所では7gをベースに考えていくのがオススメです。スタックし難く、底の感覚を取れる重さをチョイスしてください。

タックルは、流れの中で釣るためラインが岩などにスレた状態になることもよくあり、ラインも二桁以上のものを使用し、シンカーも5〜7gを使用することが多いため、ベイトタックルを推奨。

 

ワームは「ボトムシュリンプ」がマスト

ルアーは、6〜8月シーズンの淀川にも多く生息している手長エビにもイミテートされている、この時期定番なボトルシュリンプ4インチがマスト。

対カバーを攻める状況であれば、リーダーレスDSに切り替えて使用しましょう!また、ホッグ系では流れを受けやすく反応が悪い場合は、流れを受けにくい棒状のワームに変更してみてください。

 

フリーリグ、得意ですか?

ルアーローテーションも状況によっては大切です。ルアーフィッシングにおいてバスフィッシングはルアーの種類がもっとも多く、ルアーの特性を掴めないうちはルアーローテーションも時にダメな方向へ導いてしまうことがあります。

まずはしっかり使い込んでみてください。使い込むことで1つのルアーの特性、ポテンシャルを活かせるようになることが大切だと思います。そして、それが来年の夏にはより多くのバスに出会える…というように繋がっていきます、

この夏は、是非このセッティングで乗り切ってみても良い発見があるかと思います。

 

これからさらに暑い日が続きますので皆さん小まめな休憩と水分補給しっかり!熱中症にお気をつけて釣りを楽しんでください。

皆さんに1回でも多く「ええやんかぁ〜」を。また、来月も発信させて頂きます!

 

タックルデータ

ロッド:LEVANTE  F5-611LV-4P
リール:ハイギアリール
ライン:フロロ16ポンド

 

ウェア

GAME HOODIE(ゲームフーディ) REAL CAMO
※身長:168cm 体重:60kg Mサイズ着用

GAME NECK GATOR(ゲームネックゲーター) REAL CAMO

Psychic Snapback(サイキックスナップバック)BLACKOUT

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。