ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【通常の倍以上の太さがあるラバーが特長】RISE JAPANの「なみだまユニット」がこの時期釣れると言われる理由

ラバー、めっちゃ太くないですか?

 

…太いですよね?

なんの話かって、一般のラバーの倍以上の太さ、そして本数はやや少なめのラバーがセットされたRISE JAPAN「なみだまユニット」シリーズの話。

 

タイラバ持ってきてないん?

唐突ですみません。

なんで急になみだまユニットのラバーが太い話をしたかというと、記者のこんな経験から。

先日プライベートで鳥取県沖に「今年は当たり年!」と言われるイカメタルに行ってきまして。

まぁ、噂通りよく釣れたのですが…その時の船長の一言「タイラバ持ってきてないん?」が引っかかったのです。イカメタルしか考えてなかったので、タックルはナシ。

いわく、このイカがよく釣れる時期はイカの群れの下にマダイが付いている。イカをベイトにしているマダイがいると。それを狙わないか…の意。 実際、同船者の中で半分に食いちぎられたイカを釣り上げたという事実も。

当然と言えば当然なんですが、イカの調子が良い=イカパターンでマダイが釣れる。

 

イカがベイトのイカパターン

イカはイワシや甲殻類などのベイトに比べシルエットが大きいですよね。

ここで、冒頭の「ラバーが太い」です。なみだまユニットは総じてラバーが太いので一本一本の存在感が大きい。その太さゆえ張りがあり、水流の変化等での膨らみが強く出やすいことが特長。

つまりボリュームがある。このボリュームがイカパターンにめちゃ効くと。

【RISE JAPAN植田マスオに訊く/Vol.2】キモはボリューム!マスオさん流、現場でタイラバユニットを調節する方法

剣先イカを主食とする初夏のパターンだとボリュームのあるユニットによく当たる

出典:ルアーニュースR

…マスオさんもおっしゃられています。

 

なみだまユニットはショートとカーリーの2種類がラインナップ。いずれももれなく極太ラバー搭載なので、その日の状況でローテーションするも良し。

また、イカがメインベイトじゃない場合はラバーを抜いてボリュームも調整するもよし。

イカが好調な2021年。夏マダイを狙う際に「なみだまユニット」イカがでしょうか。