ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【北方面にも出撃中】永野総一朗が北湖で発見したパワーのある2種のルアーとは?タックルやアプローチなどを詳しく紹介

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」

いよいよ灼熱の夏に入りましたね。

僕、たまらんばい永野は南湖を離れ、北湖長浜より最近はボートを下ろしております。

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

 

琵琶湖ガイドなら全域を知って案内できるようになりたい

湖北エリアにトライしている理由は色々とあるのですが、一番は琵琶湖ガイドと名乗るからには、やはり全域を知って案内できるようになりたいと思ったから。

 

北湖? 行った事ありませんはちょっと違うかなとも思ってトライしています。加えて、昨年から各地方にも陸っぱりに出かけているのですが、陸っぱりでは当たり前な「目に見えるものを撃つと言う練習」が湖北ではできるというのもあります。

1つの取水塔やテトラ、岩に対してタイトにルアーを撃って引く。コース取りを考えたりすることも、普段の南湖ではあまり意識することが無かったので、今の長浜修行はとても役に立っています。

 

ウイードではなく、魚礁や岩礁帯での根掛かりさせないタックルや引き方なども訓練です。こう考えると改めて琵琶湖は特殊だと言われながらも、様々なフィールドやシチュエーションの顔を持ち合わせています。

で、そんな北湖で圧倒的にパワーがあると感じているルアー、フィネス編を今回は紹介!

 

北湖で今アツイ!激ハマリルアーとは?

その具体的なルアー名は「HUミノー77SP」と、「スタッガースティック3.3in」。とにかく釣るには持ってこいなルアーで、それぞれ浅く速い釣り。遅く深い釣りです。

ハイドアップ公式「HUミノー77SP」詳細ページはこちら

 

ハイドアップ公式「スタッガースティック3.3in」詳細ページはこちら

 

使うのは夏秋の定番である島周り。沖島、多景島、白石、竹生島のロック帯、ショアラインです。次にタックルを紹介します。

 

ミノーの釣りは動きのキレが重要!PEタックルで岸際を攻めるだけ

まず、ミノーに関しては飛距離と動きのキレを重視してPEタックルがオススメです。

ロッド:MACCA HUMS-64L+【ハイドアップ】

リール:ヴァンキッシュ C2500SHG【シマノ】

ライン:デッド-オア-アライブ ウルトラパワーフィネス PE X8(0.8号)【バリバス】

リーダー:ガノア アブソルート[フロロカーボン](8Lb)【バリバス】

 

使い方は本当にシンプルで岸際を攻めるだけ。できるだけギリギリに投げてから、2ジャーク1ポーズで1秒ステイの繰り返し。ヤングメンが岩陰から飛び出してきます。もう、これだけです(笑)。

ローライトでボイルがあったりなど、上ずれば入れ食いにもなります。

 

ミノーで反応が無ければ「スタッガースティック3.3in」の出番

こうしたサブサーフェスで反応がなければ、「スタッガースティック3.3in」の出番。3~10mくらいまでを狙って岩から落としていきます。この釣りに関しては、数を釣るなら割り切ってラインは細い方が良く、「ガノア アブソルート[フロロカーボン]」の3Lbを使っています。他は上記タックルでOK。

 

フックは「フッキングマスターライトクラス」(#1)、もしくはマス針で「アンダーショット」(#3)。シンカーは2.5g前後のダウンショットシンカーを使用。

使い方もシンプル。キャストしてボトムを取りながら、深い方までズル引いて落としてくるだけです。

これからの猛暑の真昼間や釣れない時間帯はこんな釣りもアリです! 熱中症に気をつけながら夏の北湖を楽しんでみてください!

 

WEB連載 琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査は隔週 木曜日 配信!

過去の記事もこちらからぜひチェック!