ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【旬のイカメタルゲームで大活躍】夜光(グロー)系のエギやスッテをムラなくスピーディーに蓄光!ハピソン「ウェアラブル蓄光器」

人気上昇中のオフショアルアージャンルの1つ、「イカメタル」。

特に今はハイシーズン真っ只中。今年は調子がイイという声も良く耳にします。さて、そんなイカメタルゲームでは、全員が同じ条件で限られた範囲内で釣りをします。つまり、その中で釣果を伸ばそうと思ったら、エギやスッテのカラーにこだわるのはモチロン、夜光(グロー)系などを使って発光させるなど、ちょっとした一工夫が大切になってきます。

さて、今回紹介するアイテムはこちら。

 

ウェアラブル蓄光器【ハピソン】

2021年8月末~9月上旬頃登場予定

時合い後や、夜焚き(よだき)のライトが水中に行き渡っていない時など、夜光(グロー)系のエギやスッテが出番となるシチュエーションで活躍! ハピソンの「ウェアラブル蓄光器」。

まずは実物と実際に蓄光させたショートムービーをご覧になってみてください!

 

実際に蓄光させたショートムービーはこちら!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

イカメタルで1匹でも多くのイカをキャッチするには、手返しが重要。

上のムービーをご覧いただいてお分かりいただけたと思いますが、「ウェアラブル蓄光器」は夜光(グロー)系カラーを採用したエギやスッテを、ムラなくスピーディーに蓄光させることができます。

 

コレくらい明るく光ります

 

因みにスイッチをONにすることで、10分間の感知モードが働き、5秒の連続点灯が可能。照らし終えると自動消灯する仕組みになっているので、電源をOFFにする手間が省けます。

 

クリップ付きでバッグやライフベストに簡単装着!

本体にクリップが装備されているため、バッグやライフベストへ簡単に装着することができます。また、クリップは360度回転しますので、縦と横のベルト両方に対応します。ロッドを持ったままでもエギやスッテを蓄光させることができ、こちらも手返しUPに繋がります。

また、コンパクト形状で邪魔になりにくいので、使っていない時はBOXやバッグへ収納しておくことも可能。

 

実釣での使用シーンも以下でぜひチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

スペック詳細

 

【価格】オープン

【使用電池】乾電池単4形x2本(別売)

【使用光源】紫色LEDx1個

【使用温度範囲】0~40℃

【電池寿命】点灯回数 約300回

(Panasonicアルカリ乾電池使用時)

【外形寸法】約幅127×奥行34×高さ62mm

【質量】約112g(電池含)

【防水】IPX5

 

今回は旬の釣りということもあって、イカメタルを中心に「ウェアラブル蓄光器」の魅力を紹介してきましたが、夜光(グロー)系を採用したルアー全般に対応しています。

ですので、メタルジグやワインドなどを使ったタチウオゲームや、グローを採用したアジメバ系ワームなどにも使えますので、ぜひ気になる方はリリース後に試してみてくださいね!

ハピソン(Hapyson) プロフィール

充電式チェストライト・インティレイやヘッドライト、蓄光器、水中水魚灯、竿先ライト、バッテリーなどのライト関連、 ライン結び器、針結び器、エアーポンプなどの様々な便利釣具を世に送り出している。