ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【知多半島最強カラー】ハヤブサのエギシリーズ、スクイッドジャンキー・ライブリーダートで攻める、知多半島・伊勢湾春イカボートエギング

寄稿:橋本 翔大

 

皆さんこんにちは!ハヤブサスタッフの橋本翔大です!

今年はアオリイカの数が多く、春エギング絶好調!といった報告が全国からいただいており、愛知県知多半島、伊勢湾でもデカイカ報告が! 居ても立っても居られず、伊勢湾の釣りを知り尽くすプロフェッショナルガイド、伊豫部巧キャプテンとともに出撃してきました!

もちろん使用するエギはハヤブサのスクイッドジャンキー・ライブリーダート!シーズン終盤ではあったものの、春イカが連発しましたので、その一部始終をご紹介させていただきます!

 

知多半島最強カラー「輝きなすび」と「輝きかぼす」でいきなり連発!?

10FEETUNDERSALTの伊豫部巧キャプテンに案内していただいたのは、港からほど近いシャローエリア。アマモが多く、海底に沈む基礎に沿って回遊するデカイカを狙います。

ここ数日、知多半島エリアで釣果を叩き出しているカラーが「輝きなすび」「輝きかぼす」らしく、とりあえず朝イチは「輝きかぼす」をチョイス。

 

…すると、なんとまさかの1投目で良型がヒット!

 

しかし、1投目ということもあり、フッキングが甘かったのか痛恨のバラシ。ジェット噴射のストローク的にキロ後半はありそうだったため、悔しさがこみ上げます。気を取り直してキャストすると、なんとまたまたヒット!さっきよりかなり小ぶりですが、無事ランディング成功!

 

これに続き巧キャプテンもヒット! カラーは知多半島最強2トップカラーの「輝きなすび」です!

ファーストフォールから激しめにジャークさせ、アオリイカにエギの存在を気づかせたのち、ライブリーダート特有のライブリーアクションを引き出すゆったりとしたジャークで抱かせた1杯でした。

 

その後さらに立て続けに「輝きなすび」でヒット連発!もはやとどまることを知りません。

 

「輝きなすび」と「輝きかぼす」が知多半島で激効きな理由(ワケ)

なぜ「輝きなすび」と「輝きかぼす」が知多半島で圧倒的な釣果を叩き出すことができるのか。

それは、知多半島エリア(伊勢湾)の「濁り」に関係していると考えています。知多半島(伊勢湾)は、他のエリアと比較してもかなり濁りが強いエリアです。こういった「濁り」攻略のキーは「下地」(テープ)にあります。

「下地」(テープ)の種類は非常に多く、最もオーソドックスなところで言えば、「赤」「金」「マーブル」「ケイムラ」等ですね。この中でイカから視て最もシルエットが濃く視えるのが「赤」テープです。そして、「輝きなすび」と「輝きかぼす」の下地は何色かと言いますと、それぞれ「紫」と「緑」です。この2つをそれぞれ解説します。

「輝きなすび」

「輝きなすび」は「紫」テープを使用しています。

「紫」テープは「赤」テープほどではないですが、水中でもかなりシルエットがハッキリと視える部類。知多半島エリア(伊勢湾)の強い濁りの中でもイカが見つけやすく、バッチリとアピールできます。

 

「輝きかぼす」

「輝きかぼす」は「緑」テープを使用しています。

「緑」テープのアピール力はそこそこ程度。アピールの強さ準に並べると、赤>紫≧ピンク>金≧マーブル>ケイムラといった具合になるのですが、「緑」のアピール力は「金」と同程度。シルエットは濃いですが若干ぼやけるような視え方です。

知多半島エリア(伊勢湾)の緑がかった濁りにちょうどよく馴染むので、まさにベストマッチ!

 

知多半島(伊勢湾)エリアでの春イカ攻略には、ぜひライブリーダートを!

いかがでしたでしょうか?知多半島のアオリ狙いにはライブリーダートの「輝きなすび」「輝きかぼす」が圧倒的にオススメ!

今年は春イカが絶好調でしたので、秋の新子シーズンも期待が持てそうですね!7月にはスクイッドジャンキー・ライブリーダートの2.5号、3号も発売しますので、ぜひ知多半島のエギンガーの皆様は一度使われてみてください!

 

ハヤブサ公式チャンネルで動画も公開中!

出典:YouTube「HAYABUSA公式チャンネル」

 

タックルデータ

ロッド:ラーテル77MH 【BLACK LION】
リール:ステラ(C3000DH) 【シマノ】
ハンドル:キャシャロット ef 【BLACK LION】
ライン:ソルティメイト PEエギULT HS8 0.6号 【サンライン】
リーダー:アバニ エギング ショックリーダー フロロカーボン 【VARIVAS】

 

着用アパレル

帽子:サンブリムハット ネイビー

 

トップス:UVメッシュTシャツ ブラック

 

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。