ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ベイブレイズにビッグペンシル対応の「トリプルX」が!ランカーシーバスに対応するBBZ601B-XXXに注目

天龍のシーバスロッド「ベイブレイズ」

「10年目のフルモデルチェンジ」ということで、さらにキャスタビリティやシャープさを増したロッドとなりました。

ベイブレイズ関連の天龍公式Youtubeチャンネルもチェック!

進化したベイブレイズの特長を解説!今秋にはランカーシーバス向けビッグゲーム用ロッドも登場!?

いよいよ対ランカーモデルが

出典:天龍公式ベイブレイズ詳細ページ

そのベイブレイズ、フルモデルチェンジした機種として、先行して発表されていたのが6機種。

そしてもうひとつ、開発中のプロトモデルがあるとされてきました。

そのプロトモデルがいよいよ完成へ、登場を控えるという。

それがBBZ601B-XXX。

ベイブレイズBBZ601B-XXX

6月末にいよいよリリースとなった6機種に続き、〝トリプルX〟という強さを持つBBZ601B-XXXは8月下旬から9月上旬に登場するという。

MODEL TYPE LENGTH
( m [ft])
継数 アクション ルアーウエイト(g) 適応ライン(lb) 対応PE(号) リアグリップ長 先径 ロッド自重(g) カーボン/グラス(%) メーカー希望価格(税別)
BBZ601B-XXX ベイトキャスティング 1.83[6’0″] 1 R MAX 200 MAX 80 MAX 5.0 315 2.4 147 95/5 ¥40,500

まずはトリプルX、機種名に「XXX」が付く点に注目。

ほか6機種のラインナップでいえば、Xが付くのは BBZ682B-Xのみ。それでもシングルXです(笑)。

BBZ682B-XがルアーMAX120gをキャパとしているのに対し、今回紹介するBBZ601B-XXXはなんとMAX200g。完全にビッグルアー想定。

ビッグペンシルに対応

特に想定しているのが、200gまでのビッグペンシル。東京湾などでも秋のコノシロパターンなどでのビッグペンシルゲームは、シーバスゲームの中でも人気。

シンプルな分かりやすい面白さと、ルアーを動かす楽しさが同居しています。

このビッグペンシルは、近年大型化している傾向が見られ、それがまた面白くそのためのロッドといえるでしょう。

細かい点を見ていくと、シリーズ唯一のワンピース(ほか6機種はオフセットハンドル)。

また、シリーズで最も短いレングスのベイトロッド。短く剛腕、そんなロッドになっているのは、そうしたビッグペンシルなどを水面にティップを向けながらジャークしても水面を叩きにくい仕様としたため。

また、315mmというリアグリップ長も、操作で邪魔にならずファイトで安心できる設定といえます。

バット部にはC・N・T(カーボンナノチューブ)をコンポジット。ランカー相手でも驚異の粘りを発揮する

一方で、レギュラーテーパーとしたことで、ルアーウエイトをしっかり乗せて振り切ることが可能で、短竿の泣き所となる飛距離もカバーしているという。

発売予定時期を見ても、ガチで東京湾のコノシロパターンなどにハマりそうな予感。

想像以上に盛り上がりを見せているビッグペンシルでの対ランカーシーバス特化型といえるロッドになると思いますよ~!

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。