ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

JBトップ50第3戦SDGマリンCUP!優勝は佐々一真

 

2021年7月4日(日)、茨城県・霞ヶ浦で開催されたJBトップ50第3戦、「SDGマリンCUP」決勝戦。

3日間を通じて厳しい状況下の中、見事栄冠を手にしたのは佐々一真プロ。1日目と2日目の予選では、2位でしたが決勝で2匹2,254gを記録し、2位から1位へ逆転優勝。

出典:JB/NBC Official site

 

佐々一真プロのウイニングタックル

 

2位は黒田健史プロ、3位は山下一也プロという結果となりました。因みに黒田健史プロは予選の段階で5位でしたが、決勝戦で3匹2,666gという3日目のトップウエイトを達成し、2位まで上り詰めることに成功。

 

決勝結果
ゼッケン
氏名
重量
1 T507
クロダケンシ

黒田健史

2,666g 3
2 T5011
カワグチナオト

川口直人

2,396g 2
3 T509
サッサカズマ

佐々一真

2,254g 2
4 T501
フジタキョウヤ

藤田京弥

2,226g 2
5 T5042
ハヤシユウゴ

林祐吾

2,118g 2

詳しい全成績はJB/NBC公式サイトにて。

 

最終成績
JBトップ50第4戦の最終成績は以下の通りです。
NO.
氏名
重計 1重 2重 3重 p
1 T509
サッサカズマ

佐々一真

7,654g 3,214g 2,186g 2,254g 50p
2 T507
クロダケンシ

黒田健史

6,690g 2,248g 1,776g 2,666g 49p
3 T5038
ヤマシタカズヤ

山下一也

6,622g 1,958g 2,992g 1,672g 48p
4 T5027
エグチシュンスケ

江口俊介

6,542g 3,486g 1,976g 1,080g 47p
5 T5048
ミヤジマシュンスケ

宮嶋駿介

6,283g 4,755g 1,100g 428g 46p

詳しい全成績はJB/NBC公式サイトにて。

 

以上が結果となります。

以降、現在延期中の第2戦「東レソラロームCUP」と、福島県・桧原湖で開催予定の第4戦エバーグリーンCUP。どういう順位展開となるのか? 年間ランキングで暫定首位の藤田京弥プロにも注目です。