ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ロックショア対応モデルも】ダイワのショアキャスティングロッドシリーズ「オーバーゼア」にハイパワーモデル「オーバーゼア グランデ」登場!

ジギング特集

サーフ、ゴロタ、堤防、磯などから、青物やサワラ、根魚など幅広いターゲットを狙うというジャンル「ショアジギング・キャスティング」。

時に100gを超えるようなジグやプラグを使い、青物の引きに耐え、シチュエーション次第で強引に根から引き離すことも必要。

タックルに求められるのは、釣り人側に負担を掛けない軽さや取り回しの良さはもちろん「強さ」が大きなアドバンテージに。

「OVER THERE」のハイパワーモデルにしてショアジギロッドの真打「OVERTHERE GRANDE(オーバーゼア グランデ)」登場。

 

OVERTHERE GRANDE(オーバーゼア グランデ)

2021年7月登場予定(100MH-3、100H-3、100HH-3は2021年9月登場予定)

100M

ダイワ公式「オーバーゼア グランデ」詳細ページはこちら

 

コンセプトは「人竿一体(じんかんいったい)」

オーバーゼアシリーズでもっともハイパワー。ロックショアにも対応するモデルもラインナップされる「オーバーゼア グランデ」。

最大の特長は手の延長であるかのような使い心地、軽快に操作できるのに掛けて強いロッドなんだそう

冒頭でも触れたとおり、重いルアーを1日中フルキャストして、そして不意に来る大物と全力で対峙する…そのために、まさに「人竿一体」。ブランクに求められるのは、思い通りの場所までスムーズにルアーを送り届ける遠投性、アクションにスムーズに反応する応答性、ファイト時には体力の消耗を抑えて魚を浮かせることができる粘り強さ。

それら、アングラーのしてほしいことを思い通りにしてくれるロッドが「オーバーゼア グランデ」。

 

搭載されたテクノロジー

軽いのに強い

 

軽さと強度のバランスがとれたHVFナノプラスブランクを採用しテーパー設計と張りを突き詰めたという新コンセプト。結果、幅広いウエイトのルアーが使え、またキャストタイミングのつかみやすさと遠投しやすさにも貢献、プラグは水噛みが良く、ジグも跳ねやすいので小技が効かせやすいとのこと。

ブランクスの最外層にはバイアスカーボンを巻いた「X45X」を採用し、パワーロスを排除。タメやすく、のされにくく、魚が浮きやすい絶妙なバランスになっているんだそう。

 

アイテムごとに設定したガイドセッティング

細いラインを使うMクラス~MHクラスには、糸がらみしにくいKガイド。4号以上の太いラインを使うことが多いH~HHクラスにはラインの摩擦抵抗が少なく、飛距離の出やすいMNガイドを採用するというこだわり。

 

全モデルBRCバットを採用

EVAよりも強度に優れ、腹に当ててのパワーファイトに向いたBRCを採用。キャスト時にはグリップエンドを持つ手に力が込めやすく、しっかり引き寄せることができるのもポイント。

 

これまでのオーバーゼアシリーズとの比較

細いラインを使用、大遠投が有利なサーフは軽快性と操作性に優れる従来モデル、強いパワーが必要なロックショアでは新シリーズのグランデという使い分けなども可能に。

 

スペックはこちら

アイテム 標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
プラグ
重量
(g)
ジグ
重量
(g)
適合
ライン
PE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
100M 3.05 2 157 275 2.0 14.4 10-40 15-60 1-2 99 45,000
100MH 3.05 2 157 300 2.0 15.4 15-60 20-80 1.5-3 98 45,500
106MH 3.20 2 164 308 2.0 15.4 15-60 20-80 1.5-3 99 46,000
99H 2.97 2 153 335 2.4 16.4 20-80 30-100 2-4 99 47,000
106H 3.20 2 164 345 2.4 16.4 20-80 30-100 2-4 98 48,000
100HH 3.05 2 158 376 2.6 16.4 30-100 40-120 3-5 98 49.000
100MH-3 3.05 3 109 未定 未定 未定 15-60 20-80 1.5-3 99 未定
100H-3 3.05 3 109 未定 未定 未定 20-80 30-100 2-4 99 未定
100HH-3 3.05 3 109 未定 未定 未定 30-100 40-120 3-5 99 未定

 

40gほどのジグを堤防からキャスト、サバやソーダガツオなどの小型青物やタチウオにも最適な100Mから、大型ヒラマサやブリをプラッギングやジギングで狙える100HHまでがラインナップ。

100MH-3、100H-3、100HH-3は携行性に優れる3ピースモデルで、遠征を意識して同クラスの2ピースタイプよりも少しパワーをもたせた設定なんだそう。また、このクラスで希望本体価格40,000円台とコスパの高さも魅力。初めての1本にも。

 

推奨対応表

 

関連動画をチェック

出典:YouTube「DAIWA Salt Lure Channel」

 

堤防とサーフが中心だったラインナップに、ハイパワーモデル「グランデ」が登場し、ロックショアまでも対応、幅広いショアゲームに対応できるように。

…これは楽しみな方、多いんじゃないでしょうか。

 

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!