ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【フリークセット超解説・後編】ヒラメ・シーバス・タチウオ・青物が狙えるNEWルアーのリグセット方法とフリークワームについて!

滑谷 徹(Toru Naberidani) プロフィール

1998年生まれ、岐阜県出身。現在静岡県に在住する若手マルチアングラー。幼少期から渓流や本流トラウトに親しむ。静岡に進学後SWフィッシングを本格的に開始する。現在はジャクソンスタッフとして広報・営業・製品開発にも関わる。

こんにちはジャクソンの「なべちゃん」こと滑谷(なべりだに)です。いつもお世話になっております!
最近は筋肉痛が遅れやってきたり、朝マズメがしんどくなってきたり、また一歩おじさんになってきました。実際もう、おじさんです(笑)

フリークセットの超解説・第2弾!
フリークセットの超特殊な装着方法とフリークワームについて紹介

フリークセット:2021年10月登場予定

今回は前回紹介させていただきましたフリークセットの超解説・第2弾!
フリークセットの超特殊な装着方法とフリークワームについて紹介させていただきます。

その前に、フリークセット自体をご存知ない方はこちらから前回の寄稿文を参照ください!

【フリークセット超解説・前編】ヒラメ・シーバス・タチウオ・青物が狙えるNEWルアー開発秘話&特殊フックシステム「クレンアシスト」について

こちらもぜひチェック→フリークセット水中ルアーアクション【ジャクソン】

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

フリークセットの装着方法は極めて特殊で通常のジグヘッドの装着方法とは全く異なります。そのセッティングに大きく関係する3つの特徴的な機能をご説明させて頂きます。

フリークセットの3つの特徴的なセッティング機能

1.ワイヤー不使用!?プレートを打ち抜いた「特徴的なフレーム」

フリークセットのフレームは写真のようなプレートを打ち抜いたフレームとなっております。各ポジションに複雑なキーパーを設置し接着面積を増やすことで、柔軟なフリークワームのホールド性能を高める上でこのようなフレームを採用しました。

 

2.キープ力抜群!骨のような形をした「ボーンキーパー」

フリークセットのキーパー部分は焼き魚を食べ終えた後の骨のような形をしています。このキーパー「ボーンキーパー」このキーパーが一体どのように活躍するのか?は後ほど解説致します!

 

3.最後にロック!!腹部に設けられたカギ爪形状の「アイキーパー」

アイ部分から飛び出したキーパーは特徴的な形状。ワームをロックする役割のほか、プレートアイに接続した際のスイングアクションを増幅させるリップの役割も担っています。

それではこのような特徴を生かしてどうやってセッティングしていくかを解説させて頂きます。

なかなか文章のみではイメージしにくいためセッティング動画を用意しました。
ご参考になれば幸いです。
爆風の中で撮影したため聞き取りづらい場面がありますが、ご了承ください。

 

フリークセットのワームセット方法・解説動画
byなべちゃん

 

セッティングは以上のような方法でセットして頂ければと思います。
それでは動画の流れをおさらいします。

実際のリグセッティングの手順をおさらい

手順1:ボーンキーパーに対して挿入した際にワーム腹面部分がこちら向きになるようにフリークワームを差し込んでいく

 

手順2:ボーンキーパーに対してフリークワームを90度クロス(半回転)させてマテリアルにキーパーを食い込ます。さらに固定したい場合は指でキーパーを握りボーンキーパーにマテリアルを食い込ませる。

 

手順3:最後にフリークワーム腹面部のホールとアイキーパーのかぎ爪部分を接合させて完全にロック(固定)する。

このように挿入後に半回転させワームにキーパーを食い込ましかぎ爪部分のキーパーでロックするという斬新な機構は「クロスロックボーンシステム」と呼んでおりフリークセットが誇る特殊装着方法となっております。

このようにセットすることで柔軟なマテリアルでもガッチリ固定できますので、ぜひお試し下さい。

 

フリークワームの特徴について

このフリークワーム実はフリークヘッド以外にも様々なリグやヘッドで使用する事も想定し設計されています。そしてメチャ釣れます(笑)

様々な魚種を狙うことができ、シャッドテールやカーリーテールタイプのワームで反応が無い時も魚から反応が得られちゃう場面が多々ありました!
そんなストレートワームの魅力を過去に寄稿させて頂きましたので宜しければこちらを参考にしてみて下さい!

【ストレート系ワーム使用のススメ】あらゆるSWターゲットの釣りで渋い状況を打ち破るエース格ルアーの秘密を紹介

フリークワーム! さらなる特長は?

それではフリークワームの特徴を引き続き解説させて頂きます!

柔軟なソフトマテリアル

フリークワームのマテリアルは柔軟性が高いものを使用しています。水中での複雑な水流変化で微弱な波動を生み出し繊細なロッドワークアクションに対しても機敏に反応します。

バイトの際は扁平形状のボディーがターゲットの口内で簡単に折れ曲がりしっかりと吸い込まれる事で貴重なワンバイトを確実なフッキングへと導きます。

 

ジグヘッドに真っ直ぐさせる誘導溝が搭載

フリークワームはフリークヘッド専用の設計になっている…と思いきや、通常のジグヘッドを装着する際も簡単に真っ直ぐにさせるようにワーム中央に挿入する際の誘導穴が設けられています。
これが有ると無いとでは大違い! かなり便利です。

 

腹面部のホール部分を利用してオフセットフックが簡単にセット出来る

テキサスリグやフリーリグ、キャロでの使用の際はオフセットフックがキレイにさせるよう腹面部のホール部分を利用します。
このホール部分を利用して針を抜く目安として役立つようになっています。

以上が今回お伝えしたかった
フリークセットの超特殊な装着方法とフリークワームの特徴でした。

みなさま発売はまだまだ先ですが発売時はフリークセット、フリークワームをどうぞ宜しくお願い致します!!

フリークセット使用時の参考タックル

ロッド:Jacksonサーフトライブ1082ML

MODEL Length(cm / ft) Power Lure Weight Line Action Self Weight Price
STHS-1082ML 325cm / 10ft8in Medium Light 7-40g PE #0.8-2 Fast 185g ¥26,000

リール:DAIWAセルテートLT3000CXH
ライン: KUREHAシーガーR18完全シーバス0.8号
リーダー:KUREHAシーガーフロロショックリーダー4号
ルアー:Jacksonフリークセット8g、12g、15g