ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【極秘チューン方法も公開】いよいよナマズゲームがエンジョイできる季節!Viva「大どんぐりマウス鯰SP」&「でんぐりガエル 鯰SP」

人気上昇中のルアージャンル、「ナマズゲーム」。

いよいよ面白くなってくる季節! 夕方から夜にかけて流れ込みや岸際などを専用のノイジープラグをリトリーブ、「ボフッ」って水面を割るあの瞬間が最高ですよね!

さて、今回は旬のナマズゲームでぜひ試してほしい、2種のトップウォータープラグを紹介。

 

大どんぐりマウス鯰SP
でんぐりガエル 鯰SP【Viva】

今回注目するのが「大どんぐりマウス鯰SP」、「でんぐりガエル 鯰SP」の2種のナマズ専用トップウォータープラグ!

どちらも元々はバス用トップウォータープラグですが、それをナマズ仕様にアレンジ!

 

同じナマズ専用ルアーとはいえ、そのモデルにしかない特長やアクションなどが色々秘められていますので、早速各モデルを解説していきますね!

 

大どんぐりマウス鯰SP 【Viva】

まずは「大どんぐりマウス鯰SP」から紹介!

バスのトップウォータープラグとして広く知られている「大どんぐりマウス」をナマズ仕様に改良させたモノで、ノーマルモデルがトリプルフックなのに対し、鯰SPはバーブレスダブルフックを搭載しています!

後程解説する、「でんぐりガエル 鯰SP」よりボディーが大きく、ウエイトも重ためなので、濁っている状況や強く水が流れ込んでいるような、アピール力の問われるシチュエーションで使うのがオススメ!

サイズ ウエイト 税込価格
70mm 20g ¥1,980(税込)

Viva公式「大どんぐりマウス鯰SP」詳細ページはこちら

 

頑丈なボディ!ナマズの強いバイトにもシッカリ耐える

基本性能は「大どんぐりマウス」と同じです。

可愛らしい見ためをしていますが、実はメチャメチャ作り込まれていて、ウィング周りやフックアイなど! 釣り人目線で細かい工夫が施されたノイジープラグとなっています。

ボディも強靭! ウィングも「硬質アルミウイング」を採用し、ナマズの激しいバイトや、ストラクチャーなどの障害物へコンタクトした際も破損しにくい作りに。

 

高浮力!スペーサーによって立ち上がりがスムーズ!

モチロン、アクション性能も文句なし!

高い浮力とウィングの付け根にスペーサーという丸いパーツが設置されていることで、ウィングがボディに貼りつくことが抑えられ、ボディサイズを感じさせない素早い立ち上がりを実現しています!

 

「ガショガショ!」と存在感アリアリのサウンドを放ちながら、ウォブンロールアクションを演出! 表層以深に潜むナマズを遠くから引き寄せます。

スローリトリーブでもシッカリ動いてくれるので、狭い範囲でも正確にアピールしてくれて小場所でもキャッチ率が高いのも「大どんぐりマウス鯰SP」の魅力です!

では、そんなナマズからモテモテのアクションシーンを以下でチェックしてみてください!

 

アクション映像がこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

ナイトゲームでも視認性バツグン! 発光チューブホルダーを採用

ナマズゲームはナイトゲームが主流。

ルアーのポジションが分からずフッキングミスも良くある話。

大どんぐりマウス鯰SP」は、バイトをシッカリ目視できるように、ボディ上部に「発光チューブホルダー」を採用。

見通しの悪い夜でもルアーのポジションやバイトを目で明確に確認できるので、獲れる魚の数が多くなります!

 

標準装備のバーブレスダブルフックは上向き仕様

標準装備の「バーブレスダブルフック」は上向きに設置。藻や浮きゴミに干渉することを軽減してくれます。

また、フックにゆとりを持たせるように、取り付ける場所のボディを少し凹ましているのも注目ポイント。

 

Vivaスタッフが密かに多用しているチューン方法が激ヤバ

雨後などの濁りや流れが超キツいタイミング。

ルアーの存在すら消えてしまうような水面が激アレな状況で、メチャ効くチューン方法があります! それは、「でんぐりガエル 鯰SP」のフック&ブレードセッティングを「大どんぐりマウス鯰SP」で実践するというチューン方法!

 

実際の写真がこんな感じ

 

ただでさえ、アピール力アリアリの「大どんぐりマウス鯰SP」をもっとアピールさせたこちらのチューン方法!

ナマズの活性が高い時や、濁りの強い状況下、強く水が流れ込んでいて水面が泡立っているような時にメチャ効果的なのでぜひお試しアレ!

 

カラーバリエーション

カラーラインナップは豊富な13色展開! 3色のNEWカラー「アメザリ」、「ステルスチャート」、「ソフトシェル」からも目が離せませんよ!

1 / 2
次へ