ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

対チヌ戦略をヒロセマンに直撃!ちぬブレードの投入しどころとその特徴

チヌゲーム特集

ヒロセマンのキビレ・チヌデイゲーム。前回はブラックポーギーシリーズから「ちぬキャンディ」を使った攻略法をご紹介しました。

【ヒロセマンの「ちぬキャンディ」講座】その特徴、使い方、注意点が丸分かり!

今回は同じくブラックポーギーシリーズから、メタルバイブの「ちぬブレード」をご紹介!

ちぬブレードには波動の強さなど、ちぬキャンディと異なる魅力があります。

波動が強く、濁りの中で気付かせたり、スイッチが入りにくい状況でリアクション的にバイトを誘う「ちぬブレード」

 

ちぬブレードの特徴

出典:メジャークラフト公式ちぬブレード詳細ページ

メタルバイブレーションといえる「ちぬブレード」。

ちぬブレードは、低重心設計でフロントフックなし。リアにダブルフック。このダブルフックは常に上を向く設計なわけで、ちぬキャンディと同様、根掛かり回避能力に長けたメタルバイブとなる。

ボトムで立つような姿勢は根掛かり回避はもちろん、ボトム着底・ボトムの感知という意味でも優れています。

タダ巻きでもリフト&フォールでも使えるちぬブレード。

特に、フォールでバイトがあった時には、このダブルフックが絡めとるようにフッキングしてくれるのも特徴。

ちぬブレードのウエイトは5g、7g、10gの3ウエイト展開で全6色。

ヒロセマンのウエイトセレクトはシンプルで、7gを基準にシャローなら5g。やや水深のあるフィールドや強風時、オープンな河川で飛距離がほしい時は10g、というのを目安にするとよいそうだ。

ちぬブレードの使い方

ちぬブレードのオーソドックスな使い方はリフト&フォール。

リフト&フォールといっても大袈裟なものではなく、キャストからボトムに着底したら、チョンチョンとティップを軽くシャクリながらリールを巻くのがヒロセマン流。

少し跳ね上がって、着底するまでのわずかなフォール時間にキビレ・チヌをはじめ、様々な魚がアタックしてくる。

また状況によっては、タダ巻きや低重心を活かしてズル引きも可能。ただし、ズル引きでボトムに障害物が多いようなら、そこは「ちぬキャンディ」の方が得意な状況といえます。

ちぬブレードが活きる状況

ちぬブレードが活きる状況はいくつかあります。

チョンチョンというティップの動きで、わずかな時間でも波動を出してくれるため、特にデイゲームでのリアクションの釣りにマッチします。半ば強制的にスイッチを入れたい時に、スピードと波動で騙す。そんな釣りを展開できるのがちぬブレード。

フグ対策に

またシンプルにフグをはじめとしたイタズラ魚対策にも。

チヌゲームにおけるワーミングであるあるなのが、フグなどからのアタックでワームがボロボロになること。

当然メタルバイブなので、フグ対策もバッチリ

コレ、実際にチヌゲーを楽しんでみるとわかるのですが、フィールドによってはホントに1投ごとにボロボロに…なんてこともあるんですよね。

ワームを使った釣りで、毎投ワームをズラされたりボロボロにされると、「はぁ……」となりますよね。そんな時にメタルバイブはタフに誘い続けてくれます。

濁りに強い波動

こちらは濁りの中で釣れた1尾。ジャレついたのち反転してスレ掛かりしたが、興味を持って複数回アタックしてきた際に絡めとるようにフッキングできるのも、ちぬブレードの特徴

もうひとつが濁り。ロケでは、この時期特有の不安定な天気で前日は大雨、当日も雨が強くなった時間帯もあったのですが…。

ちぬブレードはブルブルッという波動が強いので、濁りでチヌ・キビレが視覚的にルアーを認識しにくい状況でも、「まず気付かせる」ということがさせやすいルアーなのです。

デイゲームに強い

また、波動とスピード、フォールアクションは、今回のようなデイゲームでも見切られにくく、それはキビレ・チヌのみならずさまざまな魚種に効果的!

実際、ヒロセマンは小さなキビレ、「チビレ」のじゃれつくバイトを捉えたほか、ハゼもキャッチ。

郡山善充さんは、ちぬキャンディからちぬブレードに変更後、リアクションの釣りを展開するとグッドサイズのマゴチをキャッチしていた。

実はコレも「ちぬブレード」の強みのひとつで、チヌゲームといってもさまざまな魚を射程圏内にとらえることができるのです。

リアクションならこのロッド

ちぬブレードでリアクションの釣りをするなら、ヒロセマンのオススメはトリプルクロス・黒鯛のチューブラーモデル。

チューブラーモデルの中で、具体的に使用したのは最長レングスで飛距離に優れるTCX-T802ML。

Model PRICE
(税込価格)
全長(ft) 継数(pcs) ルアー(g) PEライン(号) アクション
TCX-T802ML
黒鯛
¥16,000
(¥17,600)
8’0” 2 2-15 0.4-1.0 RF

おなじみクロスフォース製法でブレがなく、ロングキャストが可能なルアー操作性に優れた機種。

キビキビとルアーを動かしながら、リアクションの釣りに即アワセが可能なレスポンスを持つのが特徴です。

瞬時にカツーンとくるアタリを掛けていくのに最適な、適度に張りのあるTCX-T802MLはこの釣りにマスト。

また、瞬間的にフッキングしていく釣りとなることが多いため、今回ヒロセマンが使用したメジャークラフトの新たなPEライン「弾丸ブレイドX(クロス)」のような、高感度で伸びの少ないラインがあると、この釣りがさらに有利になります。

そして、そもそも「ちぬブレード」は飛距離を出しやすいルアー。そこに摩擦抵抗を激減させる「F60コーティング」を施してある弾丸ブレイドクロスは、あらゆる面でちぬブレードとの相性もバッチリ。

【2021年夏、弾丸ブレイドX(クロス)登場】本気のメジャークラフト「超高感度PEライン」を出す!

ちぬブレードは高活性時に素早く拾っていくというイメージがあり、それもひとつ正解なのですが、実は低活性時にスイッチを入れられるルアー。

飛距離も優れているので、ピンチの時に広く探ってバイトを誘発したい時に投入してみてください!

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。