ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【雨の合間の至福のひととき】ゲーム性高し!ジャッカル一宮 安幸「梅雨アジングのススメ」

寄稿:一宮 安幸

皆さんこんにちは、大分の一宮です。

どんより空が続く梅雨が続いていますね。こんな時期は雨上がりのちょっとした短時間に釣行をしているアングラーも多いのではないでしょうか。

今回はそんなタイミングでも十分楽しむ事ができた「梅雨アジング」について紹介したいと思います。

一宮 安幸 (Yasuyuki Ichimiya) プロフィール

大分県をホームグラウンドに、旬なSWターゲットを求めて日夜、釣り歩き中! アジ、メバル、カマス、シーバス、カサゴ、グルーパー、アオリイカなどなど、身近なターゲットの釣りが大好き!

 

梅雨の時期のアジング

まず、梅雨時期のアジの特長から。

当地大分では春から続いた産卵期も終盤になり、抱卵した個体やアフターとなった個体が混じってくるようになります。その為、活性の高低差が激しく様々な攻め方が求められる印象があります。

ゲーム性もあり、最も沿岸部で良型が狙いやすい時期の終盤…といえるでしょう。

 

雨がゲーム性を高める

更にゲーム性を高めている要因として、「雨」もあげられます。

特に河口域では塩分濃度を下がるので活性を下げたり、濁りを誘発させたりと難易度を上げていきます。しかし、そんな状況下を攻略していくアジングは達成感も凄いといえます。

 

梅雨アジングの攻略方法

では、先日の釣行で自分がどう攻略していったかを紹介していきます

 

先ずは、自分がアジングパイロットルアーで絶大な信頼を置いているペケリング2.5in(イソメグロークラッシュ)+スイスイスイムジグヘッド1.5gの組み合わせ。

ペケリング2.5″「イソメグロークラッシュ」

パイロットのまま釣れ続け、ローテせずに納竿してしまう事もしばしばあります。

この組み合わせをやや遠投し、表層から探って行きます。小アジのアタリがワンキャストに2~3回がありますが、うまくフッキングしません。辛抱強く探っていくとヒットしましたが、やはり小アジでした。

 

続いて濁りが増してきたので、一回目のローテ。ペケリング2in(プリズムチャート)+スイスイスイムジグヘッド0.6gにサイズダウンして探っていきます。

ペケリング2″「プリズムチャート」

チャートにしたのは濁りの中でも目立つカラーというのが理由です。

更に状況は雨後に頻繁する水潮が要因の二枚潮になっている様子。この状況下ではアジは果敢に餌を追う事はなく、表層を滑る様に流れる潮に乗ってきたプランクトンを、待ち構えて捕食する事が多い。つまり、アジがエサを楽に捕食できると言える状況ですので、潮に乗せやすい0.6gをチョイスします。そして表層を漂わせるのイメージしていくとややサイズアップのアジをキャッチに成功しました。

 

しばらくすると止んでいた雨も再び振り出し、濁りも潮の速さも増してきました。アジのアタリもやや遠のいていきたので、最後の切り札としてのローテを投入していきます。

その組み合わせはアミアミ1.5in(ヨワヨワグロー)+タイドリングヘッド0.6gです。

アミアミ 1.5″「ヨワヨワグロー」

最高の吸い込み易い形状、濁りに強いカラーにし、ジグヘッドも低比重と潮受けの良さを活かし、流れの早い表層を探る狙いです。すると、この日最大の20センチ越えの良型をキャッチする事ができました

 

実際のアクション方法はこちらで

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

雨も強くなり、この日は納竿としましたが正味1時間程の釣行でも十分に楽しむ事ができました。

皆さんも自分の攻略法を参考に、雨の合間に「梅雨アジング」を楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!