ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

業界初の集光機能搭載のライン!ゴーセンのライトゲーム用ポリエステルライン「ルミナシャイン」

初夏の時期はライトゲームが楽しくなる季節。

梅雨メバルに豆アジ、小サバ、カマス、メッキなど多数のターゲットを手軽に狙うことができ、ビギナーにとっても楽しめるシーズンになります。

ライトゲームというと繊細なアタリをとらえるゲーム性の高さが魅力で、それに合わせたタックルチョイスも重要となります。

特にラインに関しては操作性に加え、アタリを視認するなど重要な役割を担うアイテム。

出典:ゴーセン公式ルミナシャイン詳細ページ

そこで、今回紹介するのはゴーセンのライトゲーム向けのポリエステルライン、「ルミナシャイン」

このルミナシャインの特長は抜群の視認性にあります!

具体的に言うと業界初の集光機能搭載のラインになります!

ここではルミナシャインの性能や集光機能などについて紹介していきます!

集光機能とは?蛍光でも蓄光でもない性能!

ルミナシャインの最大、集光機能。

この集光機能とは太陽やライトの光を集めることで、ライン自体が高い彩度(鮮やかさ)をキープする機能です。

つまり、蛍光や蓄光といったライン自体の発光性ではないため、魚にも違和感を与えにくく、それでいてアングラーからもラインを視認できることになります。

アジングやメバリングといったライトゲームは主にナイトに行われることが多く、この集光機能では常夜灯などの光を用いても効果を発揮します。

展開されているイエローやピンクといったカラーはもちろん、さらにステルス性の高いクリアベースのパールも展開されています!

特にパールに関してはクリアカラーをベースに紫外線反応で紫色に変化するよう特殊な染料で着色しているため、水上での視認性がアップ!

太陽光やUVライトの下でラインが見やすくなる設計となっています。

ナイロンとフロロの間の層を攻略出来るポリエステルライン!

そしてもう一つが、ルミナシャインの素材!

集光機能に注目が集まりがちですが、素材のポリエステルも要チェックポイント!

ナイロンとフロロの間の層を攻略出来るポリエステルラインは適度な比重設計となっているため、浮き過ぎず沈みすぎない絶妙なレンジをキープしてくれます。

極小のジグヘッドを使用する際にもこのポリエステル素材の特性は大きなアドバンテージとなります。

また、ポリエステルライン特有の低伸度設定で、繊細なアタリをキャッチしてくれるなどライトゲームに最適となっています。

それぞれのカラーの使い分け!

前述したように、カラーはイエロー・ピンク・パールの3色展開!

イエロー・ピンクに関してはもともとの視認性の良さもちろん、特殊な染料を使用することで糸表面から光を集光する性能となっています。

暗闇のなかでも高い彩度を保つので、常夜灯が弱いポイントでのナイトゲームにも活躍してくれます。

一方のパールもクリアベースながらも集光機能を搭載することに加え、紫外線反応で紫色に変化するよう特殊な染料が使用されているのでマズメの時間帯やデイゲームでも活躍します。

水になじむクリアカラーなので、ステルス性も高くより繊細なアプローチが求められるシーンでも重宝します。

ルミナシャインのスペック

長さ 号数(ポンド)
200m 0.2号(1.1lb)
200m 0.25号(1.3lb)
200m 0.3号(1.6lb)
200m 0.4号(1.9lb)
200m 0.5号(2.5lb)
200m 0.6号(3lb)

ライトゲーム専用ということもあり、豊富なラインナップになっています。

注目は0.25号(1.3lb)というあまり展開のない太さも展開されています。

ポリエステルという素材は低伸縮性で40cmを超えるギガアジ・尺メバルといったパワーのあるターゲットにも対応でき、かつ当たり感度も十分な太さになります。

また価格帯も200mで1000円ほどなのでコストパフォーマンスも優秀です!

ぜひ、ルミナシャイン使用してみてはいかがでしょう?

ゴーセン公式ルミナシャイン詳細ページはこちら

ゴーセン(GOSEN)

1953年設立、大阪府大阪市中央区に本社を置く繊維ブランド。フィッシングラインの開発から始まり、その後テニスやバドミントンのガットなどを手掛け、現在は世界的に注目されているブランド。 すべての製造工程を自社内でトータルに手掛け、「細くて強い糸」の実現に向け、日々研究開発を重ねている。