ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

50kgオーバーのマグロ類を狙うエキスパートロッド!天龍の「スパイクXPG」新登場!

2021年夏、天龍の「スパイク」から新モデルが登場します。

スパイクは飛距離とネバリ強さにこだわったオフショア・キャスティングシリーズ。

今回追加されるモデルはより大物にターゲットを絞ったXPG(エクストリーム・パワー・ゲーム)エキスパート仕様になります。

今回の「スパイクXPG」のコンセプトは現行のスパイクシリーズよりも大型魚にターゲットを絞り、知識・体力・経験値を併せ持ったエキスパート向けのセッティング。

ネームのXPGはエクストリーム・パワー・ゲームの意味のほか、『Expdition Game』や『Extreme Peformance Gear』といった意味も込められています。

50kgを超える大型をクロマグロやキハダをターゲットに見据えたラインナップで、2機種展開予定となります。

 強度UPとリフト力がUPしたブランク

ブランクは既存のモデルと同様、C・N・T(カーボンナノチューブ)を採用!

適材適所、異なる弾性のカーボンをまったく違和感なくつむぎながら、飛距離に必要な反発力と振りぬいたときのシャープさ、ファイト時に必要なネバリ強さが備わっています!

加えて今回のXPGからは圧倒的な強度とリフト力を強化しています。

キャスティングゲームで必要な飛距離・正確さ・トラブルの少なさも重視するなど、大物を狙う上でよりストレスなくキャスト・ファイトができるブランクに仕上げられています。

グリップもロングファイトを想定した長めの仕様に!

グリップに関してもツナ向けのモデルには、ファイトを助けるアシストグリップを採用。

両機種ともグリップエンドには、ギンバル(GC22)を採用。

ラバー素材のソフトギンバルキャップを付属しています。

そのほかにも長時間のファイトを想定し、リアグリップを少し延長した設計となっています。

ライントラブルが少ないガイド設計

オーシャントップガイド、オーシャンガイド、Kガイド(ステンレスフレーム SiCリング)を適材適所に配置。

ティップガイドに16番、バットガイドに40番のリングサイズを採用し、全てダブルフットの形状にしてライン抜けとトラブル軽減を図った設計になっています。

数少ないチャンスをライントラブルで逃さない、そんな仕様となっています。

各機種のスペック

モデル 全長
( m [ft])
ピース アクション 仕舞寸
(cm)
ルアーウエイト
(g)
ライン
(PE)
ドラグマックス
(kg)
リアグリップレングス
(mm)
カーボン/グラス
(%)
ロッドウエイト(g) 希望本体価格

(税抜き)

SKX832S-H 2.51[8’3″] 2 (O.S.H) R 177 MAX 150 6-8 15/60° 530 92/8 403 ¥57,000
SKX832S-HH 2.51[8’3″]  2 (O.S.H) R 177 MAX 180 8-10 17/60° 530 90/10 412 ¥57,500
受注・発売予定

受注開始:2021年6月1日より
発売予定:2021年7月末頃

天龍公式スパイクXPG詳細ページはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。