ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ルアーゲームケースJ】タイラバのネクタイやSLJなどで使うジグ収納に最適!明邦化学工業から登場する新たな「J」に注目

明邦化学工業にはSWライトゲームで使うと便利なアイテムが多く展開されています。その中の代表格ともいえるのが、「ライトゲームケースJ」と「スリットフォームケースJ」。

 

左側の「ライトゲームケースJ」は主にワーム収納に適していて、右側の「スリットフォームケースJ」は綺麗にジグヘッドを収納することができます。

両アイテム共に、収納性に優れていながら非常にコンパクト。上着やパンツのポケットにもスッポリ入り、明邦化学工業が代表するランガンシステムBOXやバケットマウスシリーズとの相性もバツグン。

記者自身も実際に愛用していますが、SWライトゲームをしているならぜひ使ってほしいアイテムです。

さて、そんな「Jシリーズ」に新たなモデルが登場。

 

ルアーゲームケースJ【明邦化学工業】

2021年6月登場予定

「ライトゲームケースJ」には収まらない、少し大きめのワームやジグなどの収納にピッタリ、明邦化学工業から新たに「ルアーゲームケースJ」が登場。

 

実物はこんな感じです!

写真のケースはプロトタイプです

サイズ 素材 備考 税込価格
175×105×18mm 本体:ポリプロピレン HG、可変仕切板6枚付属 ¥660

明邦化学工業公式「ルアーゲームケースJ」詳細ページはこちら

 

可変式仕切板の採用で収納スペースを自由に調整!

ケースは可変式仕切板仕様、収納スペースの幅を自由に調整することができます。SWライトゲームで使用するアジメバ系のワームはモチロン、丁度ケースの幅的に流行りのSLJやライトショアジギング用のジグ収納にもジャスト!

 

また、タイラバのネクタイやスカートの収納もできるなど、ショアに限らずオフショアでも活躍するケースとなっています。

写真のケースはプロトタイプです

 

蓋の内側には、ワームがくっつきにくいワームスリップ加工も施されていますよ。

 

「ライトゲーケースJ」とサイズは同様

サイズは「ライトゲームケースJ」と同様(175×108×18㎜)。モチロン、2種のケースとジョイントすることも可能です。

 

「ランガンシステムBOX」や「バケットマウスシリーズ」へシステム収納が可能!

これまでと同様に「ランガンシステムBOX」や「バケットマウスシリーズ」へシステム収納が可能です。

 

オススメ収納方法

では、最後にオススメ収納方法をいくつか紹介!

まずは、「VS-7070」と「VS-7070N」の上段と下段へ収納するとこのような感じになります! スタメンの入ったケースは上段に、その他は下段へ収納という使い分けもできますね。

 

続いては「VS-7080N」への収納例。2列でスッキリ並んでくれます。

 

収納例詳細

BM-5000、VS-7080/7080Nの中皿、VS-7070/7070N、VS-7055/7055Nの上段に2個システム収納が可能。

 

ぜひ、新たに登場する「ルアーゲームケースJ」を参考にしてみてくださいね!

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!