ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

常識破りのショアジギング「マイクロショアジギング」後編・狙えるレアな魚たちを一挙公開

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

隔週連載「トモ清水のガッ釣りソルト」
第141回『常識破りのショアジギング~後編』

こんにちは、トモ清水です。緊急事態宣言下で仕事以外の釣行は極力控えていて、リアルタイムのネタ、情報があまり無いのが正直なところです。
というわけで、いつもは釣行のネタを元に記事を書いていることが多いのですが、次回の連載では、ちょっと普段、あまり記事にしないロッド開発者、設計者ならではの目線で、裏話や本音トーク、つぶやきを発信していきたいと思っています。

さて、今回の連載ですが、前回の続きということで、ショアジギングの新機軸「マイクロショアジギング」の後編をお届けしたいと思います。前回はマイクロショアジギングでよく釣れる魚達を紹介してきましたが、今度は逆にレアな魚達の一例です。
※釣果写真は2019年や2020年のコロナ禍前の過去のものです。

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一(しみず・ともかず)

 

マイクロショアジギングで釣れるレアな魚たちを紹介
内容INDEX

 

マイクロショアジギングによるレアな魚たち♪
まずは、レアですが比較的出現率が高い魚たちを紹介

シマダイの子供のサンバソウ?

シマダイの子供のサンバソウかどうか? 定かではありませんが、ルアーに普段まったく反応しない魚もマイクロジグだと不思議、バイトしたりします。

ハオコゼ! 毒のある魚なので注意

こちらはハオコゼ。レアでも毒のある魚なので注意が必要。

 

グレもたまに反応!

グレもマイクロジグにたまに反応するから驚き!!

 

 イサキの幼魚も超軽量マイクロジグだとバイト

イサキの幼魚も、1,2gのマイクロジグだとバイトしてきます。

 

 イトヒキアジはいれば食ってくれる

イトヒキアジ。場所によってはレアではなく、居れば食ってきます。

 

 ハゼは興味で反応してくれるけどフッキングが難易度高め

ハゼもマイクロジグに興味で反応する魚ですが、フッキングが難しい!?

 

 シマアジの幼魚

カンパチの幼魚にも見えますが、これはシマアジの幼魚。

 

小さなジグだけどタチウオもバイトしてくれる

マイクロジグの7gの小さなジグにタチウオもバイトしてくるから不思議。

ひょっとすると、マイクロベイトパターンで、マイクロジグにしか反応しない、というシチュエーションもあるのかもしれませんね。

 

 中羽サイズのイワシ! イワシもジグにバイトしてくれます

ちょっと見にくいですが、こちらは中羽サイズのイワシ。

イワシってジグにバイトすることを、この時はじめて知りました。

やっぱり釣りは常に新しい発見があって、本当に面白いし勉強になります♪

 

カワハギはリアクションバイト?

カワハギもレアですが、連続バイトでヒットさせたので、偶然ではないと思います。

カワハギはキラキラ光るものに反応するので、思わずバイトしたのでしょう。

 

沖縄本島でのマイクロショアジギングによる狙える魚種は軽く20種類以上!

南は沖縄、沖縄でマイクロショアジギングを試した結果がこちらっ!
カヤックで試したら10目以上釣れました!

 モンガラ

こちらはモンガラ。モンガラだけでも何種類かいるので楽しい。

次から次へと色々な魚が反応してくれるので、次は何かな?というワクワクがあり、とても興奮しましたよ♪

こういった見たことがない、釣ったことがない魚を見ると、本当に釣りは奥が深いなぁ、まだまだ知らないことだらけ、って再確認させられます。

 

沖縄でナンバーワンの人気ルアーターゲット「タマン」

沖縄の海は本当に透き通って綺麗ですが、このアオノメハタも綺麗で、魚自体も本島とは違った魅力ある魚がマイクロジグに果敢にアタックしてきます。

 

 カスミアジの幼魚

サイズは小さいですが、カスミアジの幼魚。ヒレのブルーが綺麗で、小さくても非常にパワフルな魚です。

 

 河川での定番のメッキ

他にも河川で狙えば定番のメッキや、ここには紹介出来ないくらいの様々な魚種がマイクロショアジギングで狙えます。

沖縄でこそ、マイクロショアジギングがドンピシャにハマるエリアもないかな、と感じさせてくれる釣行でした。(2019年釣行)

 

小笠原でもマイクロショアジギングによる狙える魚種は軽く20種類以上!

こちらは2019年にスーパーショアジギングとマイクロショアジギングのロッドを、小笠原に持ち込んでテストした時の釣行写真です。
沖縄と同様、マイクロジグで釣れた魚種は実に10種目以上。非常に楽しい釣行だったのが思い出になります。

こちらはミナミイケカツオという暖かい海に生息する魚

 

こちらは小笠原で数が一番釣れたカンモンハタ。

 

ショゴもたくさんヒット♪

 

こちらはホウセキキントキ。名付けてジュエリング(笑)

 

強烈な引きのバラハタ

バラハタは強烈な引きでした!
20~50cmまで、結構数が出ました。

 

北海道でのマイクロショアジギングによる、おすすめのターゲット

一方、北は北海道。2019年の12月に釣行したニシン狙い。
果たしてニシンをマイクロショアジギングスタイルで釣れるのか!?というチャレンジ企画でした。

狙っていたニシン! マイナスの気温の中、狙い通りに釣れて良かった!

バケツ一杯釣れたのですが、その新鮮なニシンの刺身の味は今でも忘れません!

 

海外アマゾンでもマイクロジグは活躍します♪

2020年1月、コロナが流行る前にニューヨーク経由で行ったガイアナ共和国のアマゾン流域。

ギリギリのタイミングで行けて本当にラッキーでした。その当時、世界がこのようなパンデミックになるとは誰が予想していたでしょうか!?
ニューヨークのタイムズスクエアにも行きましたが、その後あのような状況になるとは、ちょっと考えさせられる出来事でした。

ピーコックバスやピラニア、名前も知らない魚達と出会えました

大物のピラルクー(アラパイマ)や巨大ナマズ、ピライーバ狙いの空いた時間では、マイクロショアジギングでピーコックバスやピラニア、名前も知らない魚達と出会えました!!

ベイトフィネスのライトなロッドで釣るので、もうそりゃあエキサイティング!

 

同じピーコックバスでも色々な種類があります

 

これは何だ?

 

マイクロショアジギングに最適なタックル

最初に結論を言いますが、まずはお手持ちのアジングやメバルのロッドでも十分流用可能です。
専用ロッドを使えば、さらにゲーム性が増し、釣果もアップ!

現在開発中の新しいマイクロショアジギングロッド。

ベイトフィネスによるマイクロショアジギング

接近戦や手返し良さで強みがあるのがベイトフィネスによるマイクロショアジギング。
同じマイクロショアジギングでもタックルの違いで、まったく異なるゲーム性を楽しむことが出来ます。

 

ソルティースタイルのマイクロショアジギングの製品ページはこちら

製品名 継数 全長(ft/cm) 仕舞 自重(g) ルアー PE(号) ライン(lb) パワー テーパー 本体価格
SMJS-862UL-KR 2 8’6″/259.1 133cm 115 0.8-15g 0.3~0.8 ~14 UL(ウルトラライト) ファースト ¥17,000
SMJS-962UL-KR 2 9’6″/289.6 148cm 136 .8-15g 0.3~0.8 ~14 UL(ウルトラライト) ファースト ¥17,500

Salty Style Baitfinesse Custom(ソルティースタイル ベイトフィネスカスタム)

■コスパ重視のソルティースタイルのベイトフィネスの製品ページはこちら

製品名 継数 全長(ft/cm) 仕舞 自重 先径/元径 ルアー ライン(lb) パワー テーパー 製法 使用材料 本体価格
STBC-6102ULT-KR 2 6’10″/2.08 107cm 104g 1.1/10.4mm 1.5-10g 5~12Lb UL ファースト チューブラ カーボン97%,グラス3% ¥16,500
STBC-702ULS-KR 2 7’0″/2.13 110cm 104g 0.8/11.1mm 1.5-12g 5~10Lb UL ファースト ソリッドティップ カーボン84%,グラス16% ¥16,500
STBC-732MLS-KR 2 7’3″/2.21 113.5cm 106g 1.0/11.5mm 2-18g 6~14Lb ML ファースト ソリッドティップ カーボン97%,グラス3% ¥17,000
STBC-792LT-KR 2 7’9″/2.36 121cm 114g 1.0/11.8mm 2-18g 6~12Lb L ファースト チューブラ カーボン89%,グラス11% ¥17,000

マイクロショアジギングタックル(スピニング)

ロッド:Abu Garcia SaltyStyle MicroShoreJigging SMJS-862UL-KR、SMJS-962UL-KR
リール:Abu Garcia Revo MGXtreme1000S
ライン:Berkley スーパーファイヤーライン0.5号
リーダー:バニッシュレボリューション6lb
ルアー:Abu Garcia マイクロジグフラット3~7g、Abu Garcia マイクロジグスリム1~5g

■トモ清水使用ベイトフィネスタックル(お手軽派)

ロッド:Abu Garcia SaltyStyle Baitfinesse STBC-792LT-KR
リール:Abu Garcia ロキサーニBF8
ライン:バニッシュレボリューション7lb
ルアー:Abu Garcia マイクロジグフラット3~7g、Abu Garcia マイクロジグスリム1~5g

■トモ清水使用ベイトフィネスタックル(本格派)

ロッド:Abu Garcia Eradicator Baitfinesse EBTC-70LT-ST、もしくはEBTC-79LT
リール:Abu Garcia REVO ULTRACAST BF8(レボ ウルトラキャスト BF8)
ライン:Super FireLineカラード 0.8号 (ウルトラキャストでもOK)
ショックリーダー:バニッシュレボリューション10lb
ルアー:Abu Garcia マイクロジグフラット3~7g、Abu Garcia マイクロジグスリム1~5g

 

マイクロショアジギング、ルアーニュースさんの動画はこちら

 

マイクロショアジギング、ピュアフィッシングTVの動画はこちら

 

というわけで、後編も前編に続き、マイクロショアジギングスタイルで釣れる魚種を紹介させて頂きました。きっともっともっと可能性があるマイクロショアジギング。こんなのも釣れたよ! というのがありましたら、ぜひ教えてくださいね!

トモ清水でした!
See you next time!

隔週連載 トモ清水のガッ釣りソルト
隔週・日曜日に 配信!

過去の連載記事を全て掲載している特設ページはこちら