ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【使ってますか?】ロングセラーにして超定番アイテム。ヤマシタの便利なイカ締めツール「エギ王 イカ締め」

釣具屋に行けばたくさんの種類が並ぶ、イカを締めるアイテム「イカ締めツール」。

そんな中で、発売から10年以上というロングセラーにして、今なお定番アイテムのイカ締めツールがヤマシタ「エギ王 イカ絞め」。

「イカ釣り始めようかな」最近そんな声をよく聞くので(…記者だけでしょうか?)、改めて注目してみたいなと。

 

エギ王 イカ絞め

コンパクトで、バッグにサッと忍ばせておけるサイズ感が嬉しい「エギ王 イカ締め」。

ヤマシタ公式「エギ王 イカ絞め」詳細ページはこちら

ロングセラーたらしめるポイントは3つ。

①:携帯性◎

大きい荷物が嫌いで、最大限小さくまとめたい派。

やっぱりコンパクトであるのは嬉しい限り。しかも全長は12cmで、イカをキープする目安にもなるという。こういうところが釣り人目線。

 

②:締める…だけじゃない

針曲げ治具付き。曲がったカンナを元の位置に戻す…だけじゃなく、海藻がしょっちゅう引っかかる所では少し内側に曲げたり、根がかりの多いところでは少し外側に曲げたり…なんて調整も可能。

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

 

③:なくさない

偏光レンズ、スナップケース、プライヤー、もちろん締め具も。過去に数多くのアイテムをなくしてきた記者。最近はアイテムを買う時に「いかになくしにくいか」を重視するように。

はい、そもそも目に付きやすいポップなカラーリング。さらに一番上「F」は夜光仕様。夜釣りでも視認性はバツグン。

もうひとつ。写真だけではわかりにくいのですが、安全キャップを外すと穴が空いていて、カラビナなどでバッグやライジャケにぶら下げられるように。さすがにブラブラしてるものがなくなると、あれ?となるわけで、なくさない。

 

使い方はこちらを参照に

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

 

…よく見ると、10年前の動画ですね。さすが定番なだけはあります。

刃先は鋭く、錆びにくいステンレス製。それでいて価格は実売価格で800円前後とコスパも◎。

これからエギングを始める方はもちろん、締め具は持っていかない派の方もこの機会にイカがでしょうか。

 

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。