ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【デカい個体ほど産卵が早い】田中亜衣の回復系BIG RED攻略

連載:ジャッカルソルト
寄稿:田中 亜衣

皆さま、こんにちは♪ 田中亜衣です。

今年は早くも梅雨入り。なんだか季節が前倒しになってますね。

私のホームでは真鯛の産卵も終盤になり、少し釣りづらさはあるものの、タイミングが合えば回復したBIG REDも釣れ出しました。

田中 亜衣(Ai Tanaka) プロフィール

ジャッカルSALTプロスタッフ。タイラバのエキスパートとして知られるアングラーで、どんな状況にも対応する柔軟なタイラバスタイルを確立している。 物腰の柔らかいトークと雰囲気とは裏腹な、完全な理論派アングラー。 また2021年春から、遊漁船「FxF KIX”(エフバイエフ キックス)」をスタート! キャプテンとして大阪湾南部から和歌山エリアの様々な釣り・スタイルを案内してくれている!

 

産卵回復系BIG REDの狙い方

「デカい個体ほど産卵が早い」

コレはいろんな魚種で言えることですね。真鯛も体力のあるデカい個体から産卵を始めます。

産卵は新月や満月に潮に流して放卵するのですが、一匹の個体が2回から3回に分けて産卵をします。これは一度に抱卵して全滅を避けるためでしょうね。

デカい個体は早くから産卵を始めたため、今の段階では産後から回復しています。ただ、全体的にまだ数は少ないため狙いが定まりにくいのも事実です。

 

キーはイワシ

ここでキーとなるのがイワシ。瀬戸内ではそろそろイワシが大挙してくる時期。

産卵後の真鯛にとっては回復する絶好の餌となります。それがいわゆる「イワシパターン」です。 そこで、イワシパターンの状況でどんな釣りをすれば良いか?今回はその辺りを話してみようかと思います。

 

波動とビートの強さがキモ

まずは実際にイワシがいるかどうか?コレが一番大切です。この辺りのことはご自身が乗られる船の船長さんに聞くといいでしょう。

そして、イワシがいれば試してほしいのが硬めの張りのあるカーリーネクタイ。ジャッカルの「ビンビン玉 T+ネクタイ /カーリー」なんかはちょうどこんな感じです。

とにかく波動とビートが強めのネクタイが良いですね。

あと波動という点では、ネクタイを2枚付けたり、動きのあるヘッドも有効です。ヘッドで言えば「TGビンビン玉スライド 雷流ヘッド」なんかがオススメです。

 

忘れちゃいけない!イワシパターンの王道「メタルジグ」

それと、忘れてはいけないのが「メタルジグ」。イワシパターンの王道とも言えるジグは、絶対に欠かすことのできないアイテムです。

フラッグトラップ

ビンビンメタルTG

ビンビンメタルTG タイプスロー

少し速めのリーリンクで、ただ巻きが基本です。深場で真鯛が少し浮いているタイミングではサーチしやすく勝負が早いのでオススメです。

ジグのウエイトは、タイラバより少し軽めを選んでもらうと使いやすいですよ。

 

BIG REDを狙うならこれからの時期がオススメ

これからの時期、産卵から回復した真鯛が荒喰いをすることが多くなり、BIG REDを釣り上げる確率もグーンとアップします。

すでにタイラバを楽しんでいる釣り人も、まだタイラバをやったことのない人も、楽しい季節なので始められてみてはいかがでしょうか。

それでは皆さん、良い釣りを♪

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!