ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

細分化するジギングに対応!ムダをそぎ落とした基本に忠実なロッド!ゼニスの「ZEROSHIKI MACH3(ゼロシキマッハ3)」

近年、さまざまなジャンルが増えている「オフショアジギング」。

スロージギングやSLJと呼ばれるスーパーライトジギング、SPJ(スローピッチジギング)などスタイルに合わせて細分化が進んでいます。

すべてのスタイルに合わせたロッドで釣りをするのがベストではありますが、実際問題なかなかそうもいかないのも事実。

もちろん、そのスタイルに合わせたロッドで突き詰められた性能でより快適に釣りを楽しむことができるでしょう。

しかし、忘れてはならないのがジギングという大きなジャンルの中で基本的なことは共通しているということ。

細分化が進んでも、根幹にあるジグの操作性やロッドの自重・ジグに対応する柔軟性・ファイト時のパワーなど基本的な部分は共通しています。

今回紹介するのはそんなジギングの基本に忠実なロッド、ゼニスの「ZEROSHIKI MACH3(ゼロシキマッハ3)」

ヒラマサジギングの聖地と言われる平戸沖や青物ジギングで盛り上がりをみせる三重県鳥羽エリア・北海道エリアなど様々なジギングシーンでテストを重ねて開発されたロッドになります。

完成されたロッドは「これさえあれば」と思わせる、とにかくジギングの基礎に忠実な仕上がりとなっています!

ジギングの基本を求めた性能

前述したように、このゼロシキマッハ3はジギングの基本を忠実に求めた性能です。

ジギングに求められる要素といえば真っ先に上がるのが、ロッドの軽さ!

オフショアジギングにおいては一日中、ロッドをシャクることも多く、体力勝負といわれています。

そのため一日、ロッドを操作していても疲れにくいロッド本体の軽さやジグを操作する操作性が重要視されます。

もちろんジグと一言で言っても形状やアクション性能に違いがあるため、それらに対応できる柔軟性も重要となります。

ほかにもファイトシーンで主導権を握られることなくランディングまで持ち込むパワーや操作性といった要素まで求められます。

ゼロシキマッハ3ではそう言った現場からの声・アングラーが求めるものを詰め込んだ仕上がりになっています。

基本に忠実というと、どこか面白みに欠けるといったイメージが持たれるかもしれない。

しかし、現場でのリアルな声に応え、ムダな要素をそぎ落とし洗練されたのが、このゼロシキマッハ3というロッドです。

グリップはコルク仕様

ここで注目したいのがグリップの素材。

基本に忠実のスペックというとどこか無機質なイメージになる反面、グリップにはより特別感が出るコルクが使用されています。

EV製のグリップとは異なり、コルクは使用するごとに深みが増し、アングラーの個性が反映される素材。

もちろん、天然素材であるため同じ仕様は一本たりとも存在しない。

どのシーンでも活躍できる性能に、使えば使うほどに使用感が刻まれていく素材はよりアングラーにロッドを持つ喜びや釣りの楽しみを教えてくれることでしょう。

長く使っていたい、そんなことを思わせてくれる仕上がりになっています。

レングスは全機種共通の設計

展開機種はスピニングモデル3本、ベイトモデル3本の合計6機種。

全機種いずれも6ft2inchのレングスで、1ピース設計。

スピニングモデル
型番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合ルアーウエイト(g) 適合ライン(PE)号 適合ドラグ(kg) カーボン含有率(%) 本体希望価格(税抜き)
ZSM62S-3 1.88 1 188 181 2.2/11.4 60-140 ~3 4.0kg/45° 98 35,000
ZSM62S-4 1.88 1 188 189 2.3/11.7 80-160 ~4 5.0kg/45° 98 35,800
ZSM62S-6 1.88 1 188 196 2.4/12.3 80-180 ~5 6.0kg/45° 97 36,500
ベイトモデル
型番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合ルアーウエイト(g) 適合ライン(PE)号 適合ドラグ(kg) カーボン含有率(%) 本体希望価格(税抜き)
ZSM62B-3 1.88 1 188 188 2.2/11.4 60-140 ~3 4.0kg/45° 98 35,000
ZSM62B-4 1.88 1 188 195 2.3/11.7 80-160 ~4 5.0kg/45° 98 35,800
ZSM62B-6 1.88 1 188 204 2.4/12.3 80-180 ~5 6.0kg/45° 97 36,500

スペック表を見てお分かりかと思いますが、ロッドモデルの末に記載されている数字はロッドの強さを表すもの。

ベースの3・4で広く狙うもよし、青物やよりパワーが必要なシーンでは6の番手といった形で選ぶことができます。

もちろん、3・4のライト目な番手でもロッド自体のパワーは十分備わっており、しっかり曲げて獲るといった基本に忠実な部分はしっかり全機種に継承されています。

ほかにもスピニング・ベイトで共通のパワーラインナップになっているのもポイントで、少し投げて広範囲を探りたいときにはスピニング、ファイト時の巻き上げの強さや深場で狙いたいときにはベイトなど選択が可能です!

ゼニス公式ゼロシキマッハ3詳細ページはこちら

ゼニス/オクマ(ZENITH / okuma) プロフィール

1986年に台湾・台中市で設立されたリールメーカー「オクマ」。アメリカ、ヨーロッパ、北米やアジアなどワールドワイドに流通するオクマリール。低価格&高性能のリールをリリースしている。ゼニスは山口県下関市にあるロッドメーカー。ショアからオフショアまで幅広くルアーロッドを展開。ロッド製作工程の多くを自社で行い、高品質で定評がある。