ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ボートロックシーズン開幕直前】名古屋の人気船トップガンキャプテン岡本順哉直伝!「キジハタ」狙いのキモ

寄稿:岡本 順哉

こんにちは、名古屋を拠点に活動するトップガン岡本順哉です。

気温も上がり海水温も徐々に上昇してハイシーズンを迎える魚種が多くいると思います。その中でも今回は、僕のメインフィールド伊勢湾、湾奥で人気ターゲットのキジハタ(アズキマス、アコウ)ゲームを紹介していきたいと思います。

岡本 順哉(Okamoto Junya) プロフィール

ソルトウォーターフィッシングプロガイド チームトップガン名古屋のキャプテンを務める。 湾奥・名古屋港を中心に伊勢湾全域、外海まで幅広くカバーし様々なターゲットに対応。音楽をこよなく愛しライブが好きという一面も。

 

湾奥ボートキジハタゲームの基本

ルアーセレクト

まず、皆さんから良くご質問いただくのは、「どんなルアーで釣れますか?」ということ。

大きくは2パターンあり、活性が高く追いの良い時はスイミング系のワーム、活性が低く追いの悪い時はクロー系のワームと使い分けています。

具体的には、マヅメ時等フィーデングタイムやベイトの多いエリアでは魚の活性は高いと考え、HAZEDONG SHAD SWSUPER SPINDLE WORM SW等のスイミング系のワームで特に活性の高い個体をターゲットに、ボトムを意識しながら広範囲をテンポ良く、スイミング&フォールでサーチしていきます。

 

一方で、気配の少ない時間帯には、ここぞというピンポイントをROCK HOGBOTTLE SHRIMP等 ホッグ系のワームで、根にひっかけてはシェイクを入れ、そして外し…と、じっくり狙っていきます。

 

キモは”フックサイズを上げること”

根掛りの多い釣りなので、リグはテキサスリグやジカリグ等を推奨します。

そして、型を狙うならフックサイズも重要で、オフセットフックであれば#2/0以上は必須

せっかくのバイトを、すっぽ抜けで苦い思いをしたり、口の奥に針掛りしてキジハタの鋭い歯でリーダーごと切られてしまう事も良くある事。それを防ぐためにも、フックは大きめがお勧めです。

そのフックを装着できるワームのサイズや、形状の選択も大切になります。

 

タックルについて

 

タックルの使い分けですが、広範囲をテンポよくサーチするには、飛距離の稼げるスピニングロッド、私は主に礁楽シリーズSL-72H+Sを使用。

岩礁などのピンポイントを狙う時には、より太いラインを巻くことができ、パワーゲームに優れるベイトロッド、主にSL-71HCを使用。

SL-72H+S、SL-71HC共に感度が非常に良く、ボトムを感じやすいのでテンポの良い釣りを展開しやすくターゲットと出会うチャンスも広がります。また、もちろんアタリも明確に伝わってくるので合わせのタイミングが取りやすいのも特長です。

また、プランクに張りがあるので、リグがスタックしかかった時に弾き上げるようにすると、高確率で根掛りを回避する事ができ、PEライン使用時にはノットを組み直す回数・手間・時間が短縮され、効率良くなり釣りに集中できるというメリットも。

 

これからがおもしろい湾奥ボートキジハタゲーム

キジハタのポイントとしては、大半は潮通しが良い、根の荒い場所やテトラ帯。

時期的には初夏から晩秋にかけて。まさに今からがシーズンです。是非、挑戦してみてください!

 

ソルトウォーターボートフィッシングガイド「TOPGUN名古屋

ボートからの挑戦者、お待ちしております!

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。