ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

例年より早い梅雨は…恵みの梅雨となるか?!ガイド前田がこのタイミングでオススメするパターン!

連載:ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」

みなさんどーもガイド前田です。ビシバシ釣っちゃってますか?

記憶にないくらい早い梅雨入り。調べてみたところ、3週間も早く、近畿ではやはり統計開始以来最も早い梅雨入りとのこと。

気候変動の影響なのか、ここ数年の梅雨と言えば、降る時にはバケツをひっくり返したようなスーパーな土砂降りや災害レベルのゲリラ豪雨で、それ以外は晴れちゃってる、でも一気にたくさん降るから降雨量としては平年並み、みたいな感じだったのですが、今年の梅雨は昔のようなシトシトジメジメした梅雨らしい梅雨ってのになるのでしょうか?

いずれにしても「釣れる」梅雨になって欲しいものですね…。

 

梅雨といえばトップウォーター!

さて、梅雨のシーズンといえばやはりトップウォータールアーでの釣りを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

アフタースポーンから回復したバスたちが好むエビモ類やフサモ類など縦に伸びるウィードも順調に伸びてきており、これからはトップウォータールアーのタックルを1セットは用意しておきたいですね!

そして今年は3年前の2018年と同じくらい稚アユが多く、湖のあちこちでアユボールを確認できます。アユボールを襲うバスやハスの群れもチラホラ見れるようになってきているので、パルスコッド・パルスコッドJr.は絶対に外せません!

パルスコッド兄弟にはコンストリクターGPタトゥーラTW、ラインはタトゥーラTYPE-NYLONの20ポンドってタックルでやっています。

他には稚アユを追うハスや小バスをイメージして使う、ラドスケールブラキオスティックも持っておくと有利です!タックルは上記のパルスコッド兄弟と同じでOK!

 

復活の兆し?ギルパターンもお忘れなく!

また、昔ほどではないですがブルーギルも少し回復してきているので、ギルネストを狙うデカいヤツらを狙うために「ブルシューター」シリーズもボートに積んでいます。

オリジナルのブルシューター・ブルシューター160には、ヒュージカスタム81タトゥーラ300モンスターブレイブZの25ポンドを使用。

ブルシューターJr.にはボアコンストリクターGPRYOGAモンスターブレイブZの18ポンドでやっています。

 

トップウォーターのフォローに!

波立ってトップウォーターがやれない時や、トップウォーターで反応の悪い時などには、ブルスレンダーのフリーリグ、ジャンカリ(デスアダージャンボカーリー)のテキサスリグで縦に伸びるウィードを狙っていきます。…アユの多い年はジャンカリが釣れてるって知ってました?

タックルはバレットショット21ジリオンSV TWモンスターブレイブZの18ポンド。

 

ブルスレンダーのフリーリグのシンカーはreinsのタングステンスリムDSシンカー、フックはハヤブサT.N.Sオフセット#4/0、ジャンカリのテキサスリグにはreinsのタングステンスリップシンカー、フックはT.N.Sオフセットの#5/0

 

モチロン、前回の記事(コチラ)に書いたルアーやリグもまだまだ釣れてるので、今回紹介したルアーやリグと一緒にその日その時の状況で使い分けてもらえば良いと思います!

前回の記事はこちら

【ギルが突然出てきた?】ガイド前田的GWの答え合わせとこれから効くパターンとは

 

みなさんも楽しい梅雨、楽しい雨にしちゃってくださいね~! では!