ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

姿勢の安定にこだわったイカメタル用エギ「スピードメタル・エギドロッパー1.8」

そろそろ初夏を迎えるというこの季節、オフショアのイカメタルゲームが特にケンサキイカ狙いで盛り上がるエリアが多くなってくるでしょう。

今回ピックアップするのは、ラグゼのイカメタルシリーズ「スピードメタル」から登場するドロッパーエギ。

出典:ラグゼ公式スピードメタルエギドロッパー1.8詳細ページ

スピードメタル エギドロッパー1.8

スピードメタル エギドロッパー1.8はその名の通り、ドロッパー(枝ス)用の小型エギ。

イカメタルは、下にいわゆる鉛スッテ、枝スに小型エギや浮力のあるスッテを付けるのが基本的なリグになります。

エギドロッパー1.8は水中での安定した姿勢にこだわったエギ。

基本的には動かさないとアクションしない鉛スッテと比較し、ドロッパーは潮に乗ってナチュラルに漂うのが魅力。

特にシビアな時には、あまり動かさないでオートマチックにドロッパーが適度に誘ってくれた方がイカが抱くことが多い。

そんな時に姿勢の安定というのはキー。若干ファットで潮受けがよさそうなボディにしっかりしたカンナは、掛かりもよさそう!

スペック

フォールスピード:約10秒/m
ウエイト:4.4g
カラーラインナップ:全8色
希望本体価格:1,000円(税抜き)

スピードメタル エギドロッパー1.8のカラーラインナップ
カラーは定番の赤緑からチャート、紫外線発色、グロー、ナチュラル系などがそろいます。

ラグゼ公式スピードメタルエギドロッパー1.8詳細ページはこちら

あわせてチェック!「イカメタルリーダーコンビ」

そしてもう一つ、あわせてチェックしておきたいアイテムがラグゼの「イカメタルリーダーコンビ」

3WAY仕様でイカメタル・オモリグ両方対応可能なイカメタルリーダーです。

ショートタイプのイカメタルリーダーとオモリグリーダーがセットになったコンビ仕掛けで、3通りの使用法が可能!

①イカメタルリーダーとしての単体使用

②オモリグリーダーとしての単体使用

③連結使用すれば2本仕様のオモリグ仕掛け

ラインはエステル。張りのあるエステルラインは、特にオモリグにおいては絡みを軽減してくれるのがメリット。

「スピードメタル エギドロッパー1.8」とセットでチェックしてみてください!

ラグゼ公式イカメタルリーダーコンビ詳細ページはこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。