ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

微細な動きでバスを誘う!エンジンハイプレッシャーレイク攻略特化型ストレートワーム「S.T.ピック」

出典:エンジン公式S.T.PICK詳細ページ

2020年9月に登場したエンジンのS.T.PICK2.5(S.T.ピック)。

エンジンの羽生和人プロ監修の「ハイプレッシャーレイク攻略特化型ストレートワーム」になります。

春から初夏の季節は虫などの小さな生き物の活動が活発化してくるころであり、まさにこの「S.T.ピック2.5」が活躍するシーズン。

バスもこうした微細な動きをする生物への反応も高くなります。

今回はそんなS.T.ピック2.5の機能性についてご紹介していきます。

推奨リグはノーシンカー、ネコリグ、ダウンショット

の魅力は様々なリグの適性が高く、ノーシンカーやネコリグ、ダウンショット、ワッキーリグなど多数が挙げられます。

そんな汎用性が高く、どのリグにするか迷ってしまいそうですが、春から初夏の時期でいえばはノーシンカーがオススメ!

細いPEとの組み合わせで飛距離性能も抜群で着水からのフォールアクションで即バイトなんてことも!

小柄ながらもテールにかけてシェイプされたデザインになっているので、フォール中は自発アクションもしっかり行ってくれます。

水深1m以下でもしっかりフォールアクションしてくれるので、シャローへのアプローチにも最適です!

出典:エンジン公式プロスタッフレポート詳細ページ

バスが丸呑みしているあたりから、ルアーと思っていない本気食いの様子がうかがえます。

「ハイプレッシャーレイク攻略特化型ストレートワーム」というのも納得の性能です!

2.5インチのボディにもネイルシンカーが打ち込める!

そしてもう一つ嬉しいのが、2.5インチのボディにもネイルシンカーが打ち込めるところ!

0.8gのネイルシンカーであればシルエットを損なうことなく挿入できるようになっているので、細かくアクションさせて誘いたいネコリグも非常にオススメ!

ちなみに推奨フックはエンジンの「スーペリオMⅡフック」、サイズは#10がベスト。

ダウンショットやワッキーにもスーペリオMⅡフックは相性抜群です!

エンジン公式SUPERIOR MⅡフック詳細ページはこちら

羽生和人プロ直伝の「房掛け」セッティングも要チェック!

出典:TokitaGuideService公式羽生和人プロhablog

以前の記事でも紹介した羽生プロオススメの「房掛け」も要チェック!

2本掛けすることでよりアクション性を高め、誘いやすくするといったものになります。

羽生プロはサイト用として使用しているとのことで、そのアピール力は浮いたバスに対しても効果抜群!

2本を掛けにすることでウエイトも増して、キャスト・操作感もUPします。

房掛けセッティングのポイント

Fマーク箇所

この房掛けのポイントはそれぞれのセッティング箇所です。

まず1本目はFマーク付近にフックを挿し、2本目はちょうどボディの真ん中あたりに挿すとのこと!

セッティング詳細や実釣については羽生プロのブログ「hablog」にて公開されています。

TokitaGuideService公式羽生和人プロhablog詳細ページはこちら

カラーはサイト可能な6色展開

カラーは6色。

サイトにも優秀なので、視認性の高いカラーから、リアルベイトカラーなどがラインナップされています。

グリパンブルー

グリパンミミズ

ライブワカサギ

コーラ

S.T.ピンク

エビミソレッドフレーク

エンジン公式S.T.PICK詳細ページはこちら

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。