ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

並木敏成が「T・N・Sオフセット・ナロー」を解説!サイズごとのワームセッティングと新たなナロータイプのフックを開発した理由

寄稿:並木 敏成

 

皆さんこんにちは、並木敏成です。

今回、ハヤブサから発売となる「T・N・Sオフセット・ナロー」について解説しようと思う。なぜ新たなナロータイプのフックが必要になったのか? まずはそこから解説していこう。

並木 敏成(Toshinari Namiki) プロフィール

1966年10月17日生まれ、神奈川県出身、東京都在住、血液型A型 ●1990年東京水産大学(現 東京海洋大学)卒業 ●1990-1992年ダイワ精工在籍 ●1991-1994年JBトーナメント参戦、JB在籍期間内に最多優勝回数および最多入賞(5位以内)回数を記録 ●1995-2000年アメリカにわたりB.A.S.S.トーナメントに参戦、1997年プロサーキット(TOP100)から初の外国人(日本人としてももちろん初)のバスマスターズクラシックに出場を果たす●2000年O.S.P設立 ●2003-2006年FLWトーナメントに参戦 ●2005年FLWツアートーナメント年間2位 ●2003&2005&2006年FLWチャンピオンシップクオリファイ ●2006年帰国、日本を中心にバスフィッシングの普及&啓蒙活動に尽力。 著書、出演DVD多数、TV番組「情熱大陸」出演。 ●2018年再びアメリカのトーナメントに参戦中

 

細身のワームを使用したカバー攻めでナローゲイプが有利になる

皆さんご存じ「T・N・Sオフセット」はワイドゲイプ。幅広いワームにマッチする形状。特にノーシンカーリグのスイミングで使用することで、非常に安定した泳ぎを実現してくれる。

 

T・N・Sオフセット

ハヤブサ公式「T・N・Sオフセット」詳細ページはこちら

 

ただ、細身のワームへセットするとフックが明らかに目立ってしまうので、カバーに対してのスリ抜け性が求められるシーンではナローゲイプのフックが有利になる。

今までハヤブサに存在してきたナローゲイプフックは、「FPPオフセット」、「D・A・Sオフセット」の2種。どちらもワームをセットしたときに、あえてフックポイントが外を向くように設計されている。

そうすることで、フッキング性能が向上する。ただ、セッティングが簡単ではなく不意に根掛かりが起きるというデメリットがあったのも事実。

そこで、もっとセッティングが簡単で汎用性を持たせたナローゲイプのフックが欲しいということで、今回紹介している「T・N・Sオフセット・ナロー」をつくることになった。

 

T・N・Sオフセット・ナロー

ハヤブサ公式「T・N・Sオフセット・ナロー」詳細ページはこちら

 

ワームの不要なズレを防ぐZクランク。スキッピングをはじめとしたハードな使用においても、ワームが正しい姿勢をキープする形状、遠くでバスを掛けてもシッカリ掛かる貫通性能。

また、バスの口の肉を厚く捉える「T・N・Sオフセット」の基本性能を継承しつつ、細身のワームに合わせてもフックの違和感を感じさせないゲイプ感を狙って仕上げることができた。

 

「T・N・Sオフセット・ナロー」の使用例

では、ここからは実際の使用例を紹介していこう。

「ドライブシャッド」の代表的な使い方であるノーシンカーリグでのスイミング。バルキーでファットなワームには今まで通り「T・N・Sオフセット」を使用していただければ間違いないね。

 

ドライブシャッド

 

ワームに対してゲイプ幅が1.5~2倍程度のバランスが、理想的なフッキングには不可欠なんだ。O.S.Pのワームのパッケージには推奨フックサイズが記載されているから必ずチェックしてほしいね。

それらを踏まえたうえで、「T・N・Sオフセット・ナロー」各サイズにマッチするワームを紹介していこう。

次ページでは各サイズのセッティング例をご紹介!
1 / 2
次へ