ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

@wada_kunこと、レイドジャパン和田 真至のアフターに効くフィネスの切り札

寄稿:和田 真至

レイドジャパンロコアングラーズの和田真至(ワダマサヨシ)です。

今回自分が紹介させて頂く内容は”アフター攻略”。ライトな釣りが強くなってくるタイミングで、自分のフィネスな釣りの引き出しから「切り札的存在」になってる釣り方を紹介させて頂きます。

和田 真至(Wada Masayoshi) プロフィール

岡山県の河川、倉敷川をホームフィールドに日々修行中のレイドジャパンロコアングラー。 ストロングな釣りを中心にフィネスまで使いこなすマルチな一面も。

 

アフターで狙うべき場所

まずは、アフター攻略ということで、産卵行動を終えた魚の好む場所を絞り込んでいきます。

産卵行動を終えた魚は、河川であれば流れが当たらない場所や波風を遮れる場所。ため池であれば、風があたりにくい場所やシャローフラットを好む傾向に。

どちらも共通して言えることは、“スポーニングエリア周辺”ということは外せないスポットになってきます。

 

ウィップクローラー5.5inch or 4.9inchのダウンショットワッキー

それでは自分の切り札とも言える、フィネスの釣りについて。

使用するルアー・リグはウィップクローラー5.5inch or 4.9inch」のダウンショットワッキーです。

理由として、自分が何をやってるかよくわかるし、中層からボトムまでシンカーウエイトを変えるだけで自由に探ることが可能だから。そして、本当に良く釣れるからです!!

 

2サイズの使い分け

ウィップクローラーには5.5inchと4.9inchの2サイズがラインナップされています。

僕の使い分けとしては、通常の水質より濁りが入ってたり波風がある場合は5.5inchを使用。反対に、クリアアップ時やベタ凪のタイミングや、ある程度魚の居場所が把握できている場合は4.9inchを使用します。

 

アクション方法

基本的にはキャスト後、シンカーがボトム着底すればシェイクしながらアプローチしていきます。

ボトム1点でネチネチしたり、中層をスイミングさせたり、その場の状況に合わせて使用してみてください。

ポイントとしてはアクション時のロッドの角度。ロッドを立てて斜め45度で縦捌きでシェイクすることをオススメします。これは、根掛かり防止とワームが動いている感覚がイメージしやすくなるからです。

 

使用タックルはこちら

●ロッド:グラディエーターアンチ GA-61ULS-ST フィクサー(レイドジャパン)

●リール:19バリスティックLT2000SS-XH(DAIWA)

●ライン:エクスレッド4lb(TORAY)

フックは「フォグショットTC」の4番。

気持ち大きめのフックサイズの4番にしてる理由は、魚がバイトした際にウィップクローラーが口の中で丸まってフッキングの妨げを防止したいから。さらに、気持ち大きめを使用すればその他のワームへのローテーションもほぼほぼクリアできるのでオススメです。

また、シンカーは「DSデルタTG」を使用。

ウェイトは0.9g〜2.7gまでをローテーションしています。サカナのレンジが浮き気味であれば軽めを使用して、沈み気味な場合は重たくします。1.8gを中心に構えて、ローテションすることをオススメします。

 

最後にリーダーの長さですが、10㎝〜20㎝ぐらいまでがベストです。

魚が浮き気味であれば20㎝前後。沈み気味であれば10㎝程度。その場の状況等に合わせて、1番使いやすい長さで使用してみてください!

 

5月以降のアフターシーズンにぜひ

5月からは比較的ライトなアプローチが強くなってくるタイミングです。

今回は数あるライトアプローチの中でも、誰でも簡単に使えて、本当によく釣れるリグの紹介をさせて頂きました。

そして、1年で最も良く釣れる楽しい季節だと思いますので、フィネスが苦手な方も是非参考にして頂いて、良い魚を釣ってバスフィッシングのハイシーズンを楽しんでください。

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。