ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「計るだけ」じゃなく「撮影する」ことも考えられたラグゼのデジタルスケール

ラグゼの「デジタルスケール50kg(LE121)」を実際触ってみたら、コレは当たりじゃないか!と思わせる感じだったのでご紹介。

その名の通りデジタルスケールですが、「計る」はもちろん「撮る」こともきちんと考えられているのがイイなと。

LEDバックライトが60秒点灯します。数字も大きくて見やすい。

イイ魚釣った、テンション上がって撮影した。改めてその写真を見てみると…アレうまく写ってない!? そんな悲劇がコレならないはず!

ココがイチオシ。見た目にもスタイリッシュですし。

また、計量範囲が50gから50kgまでと広い(最小表示0.5g)。kg、lb、ozと表記単位も網羅。

さらにいうと、水しぶきなどから内部を守る防滴仕様(IPX4)となっています。

また、サイドには簡易メジャー(1m)もあり。

実際に計測する時に魚を掛けるグリップ部分は樹脂製で、魚へのダメージを配慮した作りとなっています。

ちなみにフィッシュグリップとカラビナの強度はMAX25kg

あとは、記録に残る大物を釣り上げるだけ(笑)!

映え、狙ってみます。

仕様

本体サイズ:100×145×30mm
本体重量:176g
使用電池: 単4乾電池×2(お試し用付属)
希望本体価格:3,500円(税抜き)

なお、電池交換用のドライバーも付属しています。

ラグゼ公式デジタルスケール50kg LE121詳細はこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。