ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

台湾発のリールメーカーokuma(オクマ)からオフショアスピニングリール「Azores(アゾレス)」登場!

台湾発のリールメーカー、okuma(オクマ)。

台湾をはじめとするアジア圏やアメリカ、ヨーロッパでも愛用され、コストパフォーマンスに優れたフィッシングメーカーです。

出典:オクマ公式アゾレス詳細ページ

そのオクマから注目のスピニングリール「AZORES(アゾレス)」が登場します。

この「AZORES(アゾレス)」はジギングからマグロ・キャスティングまで幅広くカバーする、ハイパフォーマンス・オフショアスピニングリール。

マグロや大型の青物を狙ったキャスティングゲームやジギングはリールへかかる負荷もかなり大きく、剛性や機能面からも価格帯は高価になりがちです。

しかし、「AZORES(アゾレス)」ではドラグシステムから耐久性の高いボディ構造、高性能ベアリング、ハンドルアームに至るまで各パーツとも優れた設計で、なおかつ価格帯も1万円台と非常にリーズナブルなリールとなっています。

『価格がリーズナブルなのはありがたいけど、本当に性能や剛性は大丈夫なの?』

なんて不安に思う方も多いですよね?

でもご安心ください!

もう一度言いますが、この「AZORES(アゾレス)」はボディ構造からドラグシステム、ベアリング、ハンドルに至るまで各パーツとも高い性能を有したリールです!

加えてテストもオフショアゲームの本場、アメリカ東海岸で実釣を繰り返して開発されるなど、耐久面・性能面でも高い完成度となっています。

ここからは「AZORES(アゾレス)」の各パーツについて深堀して解説していきます!

究極の耐久性を持ったAlumiLite(アルミライト)構造

もっとも気になるのがボディや各パーツの剛性面と耐久性。

アゾレスではボディ、サイドプレート、ローターにダイカスト製法を用いて生成するAlumiLite(アルミライト)構造を採用しています。

まずダイカスト製法ですが、金属を溶かして金型に流し込み、圧力をかけて精製する鋳造技術で、圧力をかけることで従来の製法に比べ、寸法精度が高く、表面も滑らかに仕上がるのが特徴です。

そのダイカスト製法で生成するアルミライト構造は、従来のフレームより剛性が高く、ギアの配列や、内部全体の安定性に優れ、耐久性に非常に優れたリール構造となります!

更にボディは防錆機能を備えたアルミを使用。

優れた防錆加工を施すことで、一般的な使用される素材に比べて50%以上の耐腐食性を実現しています。

肉厚の大型メインシャフト設計

ほかにも肉厚の大型メインシャフトを採用。

従来のシャフトよりも肉厚にすることで3倍の強度を実現。

マグロなどの強力なファイトシーンでも負けない耐久性に特化した設計になっています。

剛性だけでない内部パーツ全体の安定化を図った機構安定化システム(MSS)搭載

こだわったのは剛性だけではありません。

内部のパーツの安定化を図り、細かなブレやズレを抑える機構安定化システムMSS(メカニカルスタビライズシステム)を搭載しています。

パーツ間の細かなブレやズレを抑えるのためのカーボンプレートを内部に配置することで、激しい動作や急激な負荷が掛かってもリール全体が安定して稼働するよう設計されています。

またもっとも負荷がかかるポイントのギア部分も前後二ヵ所をボールベアリングで補強。

高負荷がかかった状態でもスムーズな可動を実現させ、リーリングも軽快さを失わない巻き心地となっています。

高性能ベアリング(HPB)搭載

リールの重要ポイントでもある巻き心地ですが、このアゾレスには8つのHPB(ハイパフォーマンスベアリング)を搭載しています。

高品質で腐食に対する耐性を持つ合金鋼「ステンレス鋼」素材を採用しているので耐久性にも優れて、巻き出しも非常に滑らかな使用感になっています。

ハンドルもマシンカットアルミハンドルで、ノブも楕円形で握りやすいなど人間工学に基づいた力が伝達しやすい設計になっています。

軽快な巻き感はもちろん、力が込めやすいのでパワーファイトに最適です!

ほかにもスプール表面に滑り止め加工を施したナーリングスプール設計や、スプールの上下にドラグシステムを組み込み負荷を分散させるDFD(デュアルフォースドラグシステム)を採用するなど、快適且つ高性能なシステムやパーツが多数盛り込まれています!

キャスティング時やジギングのフォール時にもラインがスムーズに放出されるのでトラブルも起きにくく、ラインの滑りを抑えたスプールになっています。

またドラグに関してもDFD(デュアルフォースドラグシステム)によって負荷を分散させることで、ドラグ調整やドラグ力をUPさせています。

スプールの上下にドラグシステムを組み込むことでスプールの両面に均一な圧力がかかるため、初期ドラグの安定性があがり、シングルドラグシステムを採用しているリールと比較しても最大ドラグ力が大幅向上しています。

つまり要約するとアゾレスは非常に優秀なリール!

さて、アゾレスの各パーツの性能や剛性・耐久性について解説してきました。

だいぶ長くなってしまいましたが、とにかくここで言いたいのが、アゾレスは耐久性・剛性・巻き感度・ドラグ性能、いずれも非常に優れているということ!

マグロや青物のキャスティングゲームやジギングはタックルにかなりの負荷がかかりますが、このアゾレスはその負荷に負けない十分なパワーと耐久性・剛性を有しています!

これまでオクマのリールを手にしてこなかった方にも、このアゾレスはオススメのリールとなっています!

ぜひチェックしてみてください!

「AZORES(アゾレス)」のスペック

型番 ギア比 ベアリング数 自重 (g) 最大巻上長(cm) 最大ドラグ力(kg) ナイロン糸巻量(mm)

PE糸巻量(#号)

AZORES-8000P 4.8:1 8BB+1RB 528 99 13.2 4号/335m,

5号/270m,

6号/220m

#3/380m,

#4/300m,

#5/240m

AZORES-10000P 5.4:1 8BB+1RB 700 117 20 5号/430m,

6号/350m,

8号/265m

#4/480m,

#5/400m,

#6/320m

AZORES-16000P 5.4:1 8BB+1RB 722 117 20 6号/410m,

8号/310m,

10号/240m

#5/470m,

#6/370m,

#8/310m

オクマ公式アゾレス詳細ページはこちら

■okuma公式・楽天市場

https://www.rakuten.co.jp/inspired-fishing/

ゼニス/オクマ(ZENITH / okuma) プロフィール

1986年に台湾・台中市で設立されたリールメーカー「オクマ」。アメリカ、ヨーロッパ、北米やアジアなどワールドワイドに流通するオクマリール。低価格&高性能のリールをリリースしている。ゼニスは山口県下関市にあるロッドメーカー。ショアからオフショアまで幅広くルアーロッドを展開。ロッド製作工程の多くを自社で行い、高品質で定評がある。