ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

天龍のライトジギングロッドの「ホライゾン プログレッシブ」にスピニング機種が追加!

天龍の人気ライトジギングロッドの「ホライゾン プログレッシブ」に新機種が追加されます!

追加モデルは発売から要望の声も多かったスピニングモデルが2機種リリース!

出典:天龍公式ホライゾンプログレッシブ詳細ページ

この「ホライゾン プログレッシブ」のシリーズは既存のモデル「ホライゾン」をベースに最先端の製法技術と素材を導入したフラッグシップモデル!

天龍独自のテクノロジー「C・N・T」・「マグナフレックス製法」により、操作性・耐久性を高めたシリーズ最高峰のロッドに仕上がっています!

天龍のテクノロジーについてはこちらの動画をチェック!

今回追加のスピニングモデルの機種はHPG612S-MとHPG642S-LLの2種類。

ライトジギングにおいてのスピニングタックルのメリットはフォールスピードやキャスティングで広範囲を狙えるところになります。

特に浅場のフィールドなどでは広範囲で幅広い層を狙うことができるので、その特性を十分に発揮できます!

追加機種の発売は2021年初夏ごろを予定。

天龍公式ホライゾンプログレッシブ詳細ページはこちら

追加機種の解説動画はこちら

ライトタックルにおける限界チャレンジモデルHPG612S-M

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LURE
Best
(g)
PE
(号)
Drag Max
(kg)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
PRICE
1.86[6’1″] 2 (O.S.H) R 140 MAX200 150 MAX2.0 5.0 455 ¥53,000

この「HPG612S-M」にはベースとなるロッドが存在します。

モデルとなった機種はホライゾンLJの「HLJ611S-FM」。

ホライゾンLJ「HLJ611S-FM」の特徴はバットが細いながらもしっかり曲がり、ティップもグラスが採用されていました。

今回はその「HLJ611S-FM」の特徴を最新テクノロジーで再現し、更に進化させた性能となっています。

出典:YouTubeチャンネル「TENRYU CO.,LTD」

まずバットには「C・N・T(カーボンナノチューブ)」を搭載。

ベースのモデルと同様、バットの細さを維持しつつもパワーを備え、さらに強く粘る設計になっています。

ガイドにはKガイド(チタンフレーム、トルザイトリング)を採用し、糸抜けはもちろん、軽さも追及されているので、シャープさが際立った仕上がりになっています。

またグラス素材のティップもマグナフレックス製法により、スムースな曲がりにが可能な低弾性カーボン素材に進化!

しなやかにそして操作性・感度にも優れたロッドになっています。

10kgクラスのブリにも立ち向かえるライトタックルの限界チャレンジモデル

この「」のコンセプトは「ライトタックルの限界にチャレンジできるロッド」です。

C・N・T搭載で細身でかなり粘る性能になっているので、従来のロッドでは獲りきれないサイズの大物まで挑むことが可能です。

具体的に言えばブリでは10kgクラス、ヒラマサなら7~8kgなど、ライトタックルでは到底無理なクラスの大物にも負けないパワーとしなりを備えています。

水深100m前後のエリアで、100~150g程のジグを軽快に操るなど軽快な操作性が持ち味のロッド。

ライトタックルの限界で勝負したい!そんなアングラーにオススメの一本になっています。

スーパーライト・アドバンスモデル HPG642S-LL

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LURE Best
(g)
PE
(号)
Drag Max
(kg)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
PRICE
1.93[6’4″] 2 (O.S.H) RS 152 MAX100 60 MAX1.5 2.5 410 ¥53,000

スーパーライトジギングにより特化したのがこの「HPG642S-LL」です。

基本ジグウエイトは60gとスーパーライトジギングの王道を往くロッドといえるでしょう!

使用感は全体的にしなやかな印象で、シーバス、マダイ、イサキなどジギングのなかでも比較的近海のライトなターゲットを狙うのに最適な性能です。

より繊細さを求めるためにティップはこちらもマグナフレックス製法を採用。

素材は低弾性のカーボンで、よりしなやかな感触となりジグの操作性やわずかなアタリにも敏感に捕らえることができる仕上がりです。

バットはC・N・T(カーボンナノチューブ)を搭載しているので、細身ながらもファイト中はしっかり曲がりこむので万が一の大物との遭遇にも安心して対応が可能です!

ちなみに、そうしたシーンも踏まえてラインは少し太めが使用できるよう、ガイドは少し大きめのものを採用。

ライントラブルを軽減しつつ、ドラグのMAX値をホライゾンLJに比べて若干上に設定してあります。

今までのロッドでは物足りないと感じていた方にはぜひともオススメのロッドになっています!

更なる追加機種も開発中!

シリーズ紹介動画の最後にも語られていますが、現在更なる追加機種も開発中とのこと。

リリースは未定ですが、6ft3inchのロッドになるようです。

ホライゾンLJのHLJ63S-Lをベースに、「ネギング」と呼ばれる根魚ジギングをスピニングタックルで行う「スピネギ」に特化したロッドを予定しているとのこと。

ライトに幅広く遊べるロッドになるとのなので、こちらの続報も楽しみに待ちましょう!