ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ミドスト攻めがアツい】プリの魚はもちろん、これから増えるアフターの魚にも超効きますよ!

寄稿:中谷大智

中谷 大智(Daichi Nakatani) プロフィール

兵庫県神戸市出身で大分県在住。JB/NBC所属 JB旭川参戦中でありながらも、Youtubeバスフィッシングチャンネル「中谷式」でもユーチューバーとして活躍中の若手アングラーである。

みなさん、こんにちは! 中谷大智です。

今回は、バスエネミースティックリバースカラーのミドストで春爆な釣果を上げることができましたので、その模様をレポートさせていただきます!

今回釣行したフィールドは大分県の山間部に位置するリザーバー・安岐 (あき)ダム。山間部ということもあり水温は15℃(平地に位置する遠賀川は2週間前では18℃)しかなく、季節の進行が遅いと感じました。

ですので、まだプリスポーンの個体が多くいると考え、プリスポーンがステージングする3~4mに狙いを設定。

なおかつ、この日は強めの風が吹いていたので、その個体がフィーディングするであろう「ウィンディーサイド」+「地質が固い急深なブレイク」を狙っていきました。

ブレイクのエッジをバスエネミースティックリバースカラーのミドストで攻める

岸際が水深50cm、そこから5m沖に離れると水深8mぐらいまで急激に落ちるブレイク。ここの3~4mにあるブレイクエッジをバスエネミースティックリバースカラーのミドストで釣りをしていきました。

ミドスト攻めを選択した理由は?

プリメス狙いで、先行者もいたので、中層&食わせ力の高いミドストを選択

ミドストを選択した理由は、2組の先行者が釣りをした後だったから! 釣行時間は3時間と短い予定でしたので、先行者の方がやってなさそうな、よりプレッシャーに強い釣り方で狙っていこうと考えてミドストを選択しました。

また、狙いがプリスポーンの魚でしたので、卵をお腹に持つメスの魚はボトムではなく中層にサスペンドする傾向にあり、それもミドストを選択した理由のひとつです。

約2時間の釣りで5本5キロオーバー! 春爆の釣りをマンキツ

結果、その作戦が見事にハマり開始早々にプリスポーンのキロアップをゲット!

その後もエリアをうまく休ませながら釣りをしていくと約2時間で5本のバスをゲットし、そのうち4本はキロオーバーのプリスポーン! 4本で5キロを超える春爆釣行となりました!

 

今回のアタリワームは「バスエネミースティック4inch・リバースカラー」

今回、ハマったバスエネミースティック4inchリバースカラーの最大の特長は、オリジナルカラーよりも塩の配合量が1/4ということで浮力が高く、そのおかげでミドスト時にロールアクションが出しやすくなっていること。また、耐久性も上がっているのでワームが裂けにくいのも特長となっています。

リバースカラーには今年は4つの新色が追加され全8色になり、選択幅が広くなっているので、ぜひそちらもお試しくださいね!

なお今回のタックルですが、ロッドは「フェイズ ドリフトマスター64UL」。ラインはバスザイルマジックハードR4lb。ジグヘッドは1/32ozを使用しました。

全長 継数 標準自重 パワー ルアー範囲 ライン範囲 価格
1.92m 1 86g ウルトラライト 0.9~7g(1/32~1/4oz) 2.5~6lb 46,000円(税別)

 

バスエネミースティックのミドストはアフタースポーンの魚が増えてくるこれからの時期にも有効

今回はプリスポーン攻略でしたが、バスエネミースティックのミドストはスポーニングシーズン終盤のこれからの時期にも有効な釣りです!
これから増えてくるのはミッド~アフタースポーンの魚ですが、中でもエサをたくさん食べてコンディションが良いアフタースポーンの魚を狙い撃つことができます。

ミッド、ポストは産卵中から産卵直後にあたりますので、エサを追い回せる状態ではなく、捕食できずに痩せています。
こういった個体はエサを食べようとしても、捕食しやすい虫や動きの遅い甲殻類を捕食しがちです。

反対に回復傾向にあるアフターの魚は体力があるので、速い動きの小魚でも追い回せる状態。

バスエネミースティックのミドストは、その小魚を演出するのにマッチしているので、アフタースポーンの魚が増えてくるこれからの時期にも有効という訳です♪ ぜひ試してみてくださいね。