ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【いよいよ登場】注目度高めのバス専用スピニングリール!最新技術搭載でフルリニューアルを遂げたシマノ「21コンプレックスXR」

その軽さとシルキーな巻き心地に、店頭で驚かれた方や既に乗り換えられた方も多いのではないでしょうか。

バス専用機として2021年フルリニューアル、この4月にいよいよ登場となった「21コンプレックスXR」。

マグナムライトローター、マイクロモジュールギアⅡ、サイレントドライブなどのシマノの最新技術を惜しみなく搭載、上位機種に迫るスペックながら実売参考価格は2万円台というリールに改めて注目。

 

21コンプレックスXR

 

シマノ公式「21コンプレックスXR」詳細ページはこちら

一般的な2500番に加え、サイズ自体は1000番サイズの「C2000」というこれまでにない番手がラインナップ。

ちなみにその自重は155g。それでいてフロロ4lbをしっかり100m巻けるので、よりフィネスな展開やアプローチが可能になったとのこと。

 

スペックを比較してみると
品番 ギア比
  • 実用ドラグ力
  • 最大ドラグ力
    (kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/ストロークmm)
  • ナイロン糸巻量(lb-m)
  • フロロ糸巻量(lb-m)
  • PE糸巻量(号-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
希望本体価格
(円)
C2000
F4
5.1
  • 2.0
  • 3.0
155 43/13.5 4-110、5-90、6-70/3-130、4-100、5-80/0.6-180、0.8-110、1-90 69 45 9/1 34,300
C2000
F4 HG
6.1
  • 2.0
  • 3.0
155 43/13.5 4-110、5-90、6-70/3-130、4-100、5-80/0.6-180、0.8-110、1-90 82 45 9/1 34,300
2500
F6
5.3
  • 2.5
  • 4.0
175 47/17 5-130、6-110、8-80/5-130、6-100、8-75/0.8-200、1-150、1.2-100 78 50 9/1 35,300
2500
F6 HG
6.0
  • 2.5
  • 4.0
175 47/17 5-130、6-110、8-80/5-130、6-100、8-75/0.8-200、1-150、1.2-100 89 55 9/1 35,300

※HG=ハイギア仕様、C=コンパクトボディの意味です。
※ストッパーの切替機構はありません。

従来のモデルと同番手(2500番)で比較してみると重さはマイナス10g。気になる価格はフルリニューアルされたにも関わらず「コンプレックスCI4+」と同じ。かなりのハイコスパと言えるのではないでしょうか。

 

回転の軽さと操作性、そして感度が向上

何がどう変わったのか。具体的にアップデートされたのはこちら。

マグナムライトローラー

「コンプレックスCI4+」にも搭載されていた左右非対称のローター構造が特長のマグナムライトローラーが採用されているんですが、ラインローラーを軽量化、ベールのチタン化、ローターの肉厚の最適配置を行って回転慣性をさらに低減。

 

マイクロモジュールギア&サイレントドライブ

マイクロモジュールギアⅡを搭載。

ギアの歯が細かくなり、ギアの歯が噛み合うというよりは”面”で噛み合うような印象で、より滑らかなギアフィーリング。「サイレントドライブ」も新たに採用し、ギアのガタツキを徹底的に排除。

もちろん、駆動系で言うとHAGANEギア、X-SHIPなどはそのまま継承。より軽やかな巻き心地に。

 

ドラグ機能もアップデート

C2000 F4タイプには、特殊なドラグ機構を採用し、ファイト中の魚のスピード変化に対するレスポンスが良い「ハイレスポンスドラグ」を採用。また、C2000 F6タイプにはドラグノブの回転数に対するドラグ力の変化が大きい「ラピッドファイアドラグ」を採用。

 

技術特性を一覧で見るとこんな感じ。

Xプロテクトや、ロングストロークスプールなど、シマノが誇る先進技術がしっかりと。

 

1 / 2
次へ