ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【リーダーレスDSが激ハマり】2m〜3mにあるハードボトムが狙い目!諸富真二による「産卵を意識したバス」の釣り方講座

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

皆さん! こんにちは。

今年は季節の進行が本当に早い。いや「早すぎる印象」。3月下旬の大潮で南湖はスポーニングが始まり、その後はダラダラと続いている感じです(^^)。

色んな状態のバスはいると思いますが、最も釣りやすくて数が多いのは何処に卵を産もうかと考えている「産卵」を意識したバス。

ですので、巻き展開はそこそこに基本はスローな釣りを織り交ぜて釣っていくことが重要になります。

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

 

「産卵」を意識したバスが多いエリア

では、そういった「産卵」を意識したバスを普段狙うのにメインにしているエリアを紹介。まず西岸から説明すると井筒〜カネカがアツい感じ。

 

一方東岸は北山田〜葉山川周辺。浚渫エリアはディープホール攻めで狙います。

そういったエリアを色々転々としている訳ですが、全エリア共通して意識しているのが、2m〜3mにある「ハードボトム」。この季節は絶対的にハードボトムが外せません。

浅い場所では目で観て「砂利底質」を探すべし!

 

ハードボトムエリア攻めにオススメ!「エスケープツイン」のリーダーレスDS

ここ最近、ボトム系を攻めるのに多用しているのが「エスケープツイン」の7gリーダーレスダウンショット。

ノリーズ公式「エスケープ ツイン」詳細ページはこちら

 

これを使用しながらオスとメスを上手く釣り分ける必要があります。では、その釣り分け方がこちら!

 

オスとメスの釣り分け

オス:基本的に「浅い所」にポジショニング。

メス:深い側をウロウロしながらフィーディング。

 

以上がオスとメスとで大きく違う点。モチロン狙いを定めているのが、「深い側でウロウロしながらフィーディングするメスバス」。

メスを釣りたければミオスジの深い側にボートポジションを取って、浅い側へルアーを投入するのが基本的なアプローチです。

そんなこんなで、これからの季節は自己記録更新のバスを狙いやすいシーズンでもありますので、ガンガン琵琶湖に足を運んでみてくださいね! それでは。

 

WEB連載 諸富真二のめっちゃ若獅子!! は隔週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい